早稲田実・野村大樹選手が3発、U18代表候補2年生

早稲田実, 野村大樹

早稲田実は香川県招待試合に出場し、英明、坂出と対戦した。英明戦では、2年生ながらU18代表候補に選出された野村大樹選手が、3本塁打を放つ活躍を見せた。

清宮不発も

高校通算101号を放っている清宮幸太郎選手はこの日、英明戦では第4打席にライト前ヒット、第3打席もフェンスギリギリのライトフライを打っていたが、5打数1安打に終わり、坂出戦も第3打席に特大のファウルの後にレフト前にヒットを放ったものの4打数1安打に終わった。

しかしこの日は4番・野村大樹選手が爆発を見せた。英明戦で4回にレフトに2ランホームランを放つと、8回にもレフトスタンドに3ランホームラン、そして9回にはライトスタンドにホームランを放った。坂出戦も併せて7打数4安打6打点の活躍を見せた。

野村選手は2年生ながら早稲田実の4番を打ち、侍ジャパンU18代表の一次候補にも選出されるなど、来年の高校生ドラフト候補として早くもドラフト1位確実という評価をされる。1試合3発は初めてといい「3本出てホッとしている」と話した。

野村選手はサードを守っていたが、春からキャッチャーとしても出場しており、「捕手をやって、なかなか打てなかった」と最近は打撃で調子が出ていなかった。しかしこの日の3発で高校通算39号とし、清宮選手が同時期に50号を放っているがそれに近づいている。

捕手のスラッガーとしては、大阪桐蔭時代に2年生で捕手として春夏連覇を果たし、2013年のドラフトで埼玉西武に1位指名された森友哉選手がいる。森選手は身長が171cmで、172cmの野村選手と近い体型の選手で、野村選手も「自分と同じくらいの身長で憧れ」と話す。右の大砲捕手候補として来年は、今の清宮選手と同じくらい注目され、そして進路にも注目されていそうだ。

この日、西東京大会の組み合わせ抽選が行われ、早稲田実は3回戦から出場が決まった。春夏連続の甲子園出場、そして森選手のように優勝を果たし、将来の夢に大きく前進したい。

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

1試合目の英明戦で2年生の野村が自身初の1試合3本塁打。高校通算39本塁打とし、2年の6月時点で50本だった清宮に11本差に迫るハイペースだ。今年5月に三塁から捕手に転向。守備の負担が増えたことに加え、防具の取り外しなどでベンチで相手投手の配球を観察するルーティンが削られて持ち味の豪快さが一時期、影を潜めていた。

三塁手から本格的に捕手に転向した5月下旬以後は打撃で苦しんでいただけに「良い当たりが出てホッとしています」と喜んだ。2試合で計7打数4安打6打点と清宮のお株を奪う活躍。「夏は一回でも負けたら終わり。優勝したい」と頼もしかった。

18日も三本松、丸亀城西との2試合が予定されており「あしたは打ちます」と誓った。


PAGE TOP