清宮幸太郎vs本田仁海は雨天中止、夏の大会へ

清宮幸太郎, 早稲田実, 星槎国際湘南, 本田仁海

早稲田実は夏の大会前の最後の練習試合として、21日に星槎国際湘南の練習試合を予定していたが、雨のために中止となった。147キロ右腕・本田仁海投手との対戦が注目されていた。

103号で夏の大会へ

この日は清宮幸太郎vs本田仁海の対戦が期待されていたが、雨のため中止となった。本田投手は1年生の時に早稲田実と対戦しており、その時にはホームランを打たれている。星槎国際湘南の土屋監督は「その後成長して、調子も上がってきた中で、投げたかったと思う。」と話した。

清宮選手もこれで夏の大会前に予定されていた練習試合はすべて終わり、いよいよ最後の夏の戦いが始まる。勝ち上がれば国体、選出されればU18などまだあるかもしれないが、基本的に高校生にとってはこれが最後の大会となる。103号からどこまでホームランを伸ばせるか、そして1年夏に続く甲子園出場をすることができるか、注目される。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-関東のドラフト候補リスト

星槎国際湘南・土屋監督は「本田は2年前に清宮君に本塁打を打たれている。その後成長して、調子も上がってきた中で、投げたかったと思う。2本ぐらい打たれたかもしれないけど、やりたかった」と残念がった。


PAGE TOP