大曲工・藤井黎來投手が14K完投、復活ピッチング

大曲工, 藤井黎來

大曲工で昨年の甲子園でも好投を見せた藤井黎來投手が、横浜商大高との練習試合で14三振を奪う力投を見せた。

3月にクリーニング手術

昨年夏の甲子園の花咲徳栄との初戦で先発し、8回8安打5失点も7つの三振を奪い、高橋昂也投手と投げ合った大曲工の藤井黎來投手、181cm87kgの身体から144キロの速球を投げ今年のドラフト候補と注目されているが、肘に違和感があり3月のクリーニング手術を受けていた。

この日は横浜市内で横浜商大高と練習試合を行い、9回を投げて6安打3失点で完投、得意のフォークボールで14個の三振を奪う力投を見せた。

昨年の甲子園では花咲徳栄に敗れ初戦で敗退したが、藤井投手は「今年はいいピッチングがしたい」と甲子園に出場し、まずは全国1勝を挙げる意気込みを話した。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
大曲工業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
横浜商大高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

プロ注目の藤井復調、練習試合で14K完投 西日本スポーツ紙面 2017/6/25

PAGE TOP