海老名高校の144キロ右腕・落合真広投手が1失点完投勝利

落合真広, 海老名高

北神奈川大会では海老名高校の144キロ右腕・落合真広投手が1失点完投勝利を挙げた。

公立高校の速球派

昨年夏も2年生ながらエースとして登板し、135キロの力のある球を投げていた海老名高校の落合真広投手は、昨年冬にトレーニングを重ねて球速が144キロまで伸びている。

この日は6回まで7奪三振と勢いのある球で三振を奪ったが、6回の打席で右ひじに死球を受け、その後は球威が落ちた。それでも「逆に上半身の力が抜けた」と打たせて取るピッチングで抑え、「球威が落ちても投げ抜きたかった。野手に助けられた」と話した。

まだまだ伸びしろがあると監督も評価する177cmの右腕、まだまだ成長をできそうで、死球の影響は心配されるものの今大会の投球、そして今後の投球に注目したい。

2018年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト


PAGE TOP