苫小牧中央の斉藤優汰投手が149キロ、16奪三振4失点完投に6球団視察し千葉ロッテが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会の室蘭支部Aブロック代表決定戦が行われ、苫小牧中央が室蘭栄に5−4で勝利し、南北海道大会進出を決めた。プロ注目の151キロ右腕・斉藤優汰投手が苦しみながらも16三振を奪う力投を見せた。

スポンサーリンク

途中グダグダだった

最速151キロの速球を投げる斉藤優汰投手は初回、この日最速の149キロを記録すると、三者三振の立ち上がりを見せた。2回からはスライダーを軸に投げ、9回までに16個の三振を奪ったが、そのうちスライダーで奪ったのは11個だった。

しかし、室蘭栄も斉藤選手の投球にタイミングを合わせてきており、5回に1失点、6回には四球から崩れて2失点し逆転を許す。それでも、「途中ぐだぐだになってしまいましたが、足の上げ方を修正して、最後はいい球を投げられるようになった。」と、フォームを修正しながら投げると、7回には味方が再逆転し、7回から9回は得点を与えなかった。

9回7安打16奪三振4失点、これで今大会は2試合で29奪三振となった。「味方がエラーした時に流れを変えられるように練習してきた。三振が多いのは理想の投手像に近づいている」と話し、三振にこだわりを持っている。5−4とギリギリの勝利だったが、これで南北海道大会進出を決めた。

6球団スカウト視察

この日は北海移動日本ハム、巨人、千葉ロッテなど6球団のスカウトが視察に訪れた。千葉ロッテの柳沼スカウトは「成長著しい。フォームのバランスも球質も良い。スライダーもブレーキがある」と評価した。

今年の高校生の中で、ドラフト上位級の球を投げる数少ない投手と言える。プロ志望をすればドラフト3位までには指名されそうだ。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
苫小牧中央・斉藤優ちゃん 6球団スカウト熱視線の中16K完投 南北海道大会進出一番乗り - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権(8月6日から14日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は2日、開幕した愛知大会などで計62試合が行われた。今秋のドラフト候補に挙がる苫小牧中央(南北海道)の最速151キロ右腕・斉藤優汰投手(3年)は、16三振を奪って4失点完投勝利を挙げ、南北海道大会進出を一番乗りで決めた。

日本ハム、巨人などプロ6球団のスカウトの前で、初回にこの日最速の149キロをマークした。2回以降はスライダーで三振の山を築き、16個中11個は変化球で奪った。ロッテの柳沼強スカウトは「成長著しい。フォームのバランスも球質も良い。スライダーもブレーキがある」と評価した。

プロ注目の苫小牧中央・斉藤優汰が16K逆転勝ち「途中ぐだぐだも足の上げ方を修正」/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
プロ注目の151キロ右腕、斉藤優汰投手(3年)擁する苫小牧中央が、競り合いを制し、2年連続の南北海道大会進出を決めた。斉藤は先発し9回7安打4失点16奪三振完… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント