東洋大、梅津投手、上茶谷投手、甲斐野投手が150キロ台連発、楽天など7球団視察

東洋大, 甲斐野央, 梅津晃大, 山下雅善, 上茶谷大河, 藤井聖

東洋大が東北楽天の2軍と対戦し、梅津晃大投手、上茶谷大河投手が151キロ、甲斐野央投手が154キロを記録した。この試合には日米7球団のスカウトが視察に訪れた。

150キロ連発トリオ

東洋大はこの日、153キロ右腕の梅津晃大投手が先発、初回に2四球を与えたものの無失点に抑えると、2回以降はストレート勝負で攻め、4回を3安打3奪三振3四死球で無失点に抑えた。最速は151キロでストレートはほとんどが145キロ以上を記録した。「プロと初めて試合して緊張した。内容は悪かったが4回を0点に抑えられたのは良かった。初回はかわす投球になってしまったので、これからは逃げ腰にならず自信を持って攻めていきたい」と話し、初のプロとの対戦の感想を話した。

3番手として登板したのは上茶谷大河投手、今年春のキャンプで149キロを記録し急成長している投手だが、この日は自己最速を更新する151キロを記録し、2回1安打3奪三振1四球で無失点に抑えた。「ベストボールじゃないと空振りを取れない。1球の大切さを実感した」とプロのバッターと対戦について話した。

そして最終回には甲斐野央投手が登板すると、最速154キロを記録したストレートで1回を0安打1奪三振で三者凡退に抑えた。「真っすぐで押すことだけでなく、変化球から入るようにした。1球だけ速い球になっても、まだまだ質がよくない。」それでも「フォークが通用すると思えた」と手応えを見せた。

連れて帰りたい

この試合には日米7球団のスカウトが視察し、対戦した東北楽天の長島スカウト部長は「梅津くんはスケールが大きい。上茶谷くんは完成度が高く、甲斐野くんとともに即戦力のイメージ。3人とも上位候補だと思います」と評価をした。そして、「3人とも1軍レベル。池山2軍監督も連れて帰りたいと言っていた」と、対戦した東北楽天の池山監督の感想も伝えた。

またオリックスの古屋編成部副部長も「排気量が多い」と話し、阪神・吉野スカウトは「これから楽しみ」3投手のスケールの大きさについて評価をした。

全体的に球速が速めに出ていたのかもしれないが、3投手がこれだけ高いレベルの投球を見せるのは圧巻、3投手がドラフト1位指名された斎藤、大石、福井の早稲田大のようなインパクトがある。

その他の投手

この他に登板した投手では、5回から2番手で登板した藤井聖投手が1回を3安打2失点、4番手で登板した3年生の山下雅善投手が1回をノーヒット2奪三振1四死球という内容だった。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

先発した最速153キロ右腕の梅津晃大投手(3年=仙台育英)は4回を投げ、3安打3三振無失点。初回こそ緊張して2四球を出したが、2回以降は直球を主体に攻めて立ち直った。「プロと初めて試合して緊張した。内容は悪かったが4回を0点に抑えられたのは良かった。初回はかわす投球になってしまったので、これからは逃げ腰にならず自信を持って攻めていきたい」。直球のほとんどが145キロ以上をマークしていた。

オープン戦初登板となった梅津は「緊張した。内容は悪かったが、0に抑えられて自信になった」と安ど。楽天の長島哲郎スカウト部長は「3人とも1軍レベル。池山2軍監督も“連れて帰りたい”と言っていた」と高く評価していた。

最上級生となる3投手の快投が目立った。まず、最速153キロのドラフト候補右腕・梅津晃大投手(同)が先発で4回3安打無失点、最速149キロでプロ注目右腕・上茶谷(かみちゃたに)大河投手(同)が最速を更新する151キロの直球を中心に2回2安打無失点、九回に登板したドラフト候補の最速152キロ右腕・甲斐野央投手(同)が最速更新の154キロの直球を中心にフォークなども交え無安打無失点だった。

「真っすぐで押してリズムを作れた」と最速151キロで4回無失点。オリックス・古屋編成部副部長は「排気量が多い」と高い潜在能力を評価。上茶谷大河投手(3年・京都学園)は151キロ、甲斐野央投手(3年・東洋大姫路)は154キロと、ともに自己最速を更新。右腕トリオがプロ相手に快投を見せた。


PAGE TOP