巨人ドラフト4位の創価大・門脇誠、選手が2本の内野安打&1盗塁、柏田スカウトも高評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人がドラフト4位で指名した門脇誠選手がこの日、東京新大学リーグの流通経済大戦に3番ショートで出場し、4打数2安打1打点1盗塁の活躍を見せた。

スポンサーリンク

バントヒット

門脇誠選手はこの日、初回ノーアウト1塁の場面で、三塁線へセーフティーバントを決めた。「プロで生き抜くためには小技を絡めないといけない」と磨いた技術を見せた。

また、第2打席では四球で出塁すると、4回には2アウト3塁のチャンスに二塁への内野ゴロを打つ。しかし、抜群の俊足で内野安打として1打点を挙げた。守備でも5回にジャンピングキャッチを見せるなど、4打数2安打1打点1盗塁と攻守に活躍を見せた。

この日はドラフト4位で指名した巨人の担当の柏田スカウトが視察し、「足も速いし、守りもいい。肩も強い。走攻守のそろった選手」と改めて高評価、そして、「打撃はプロに入ってからいくらでも伸びる」とまだ成長をしていくと話した。

巨人は33歳の坂本選手の後継者として吉川選手とともに二遊間を守れる選手の補強を目指していたが、ドラフト上位では友杉篤輝選手などが先に指名されていた事もあり、4位で門脇選手を指名した。

指名を受け、SNSで多くの巨人ファンからメッセージを受け取ったと話す門脇選手は、「うれしいよりも、身が引き締まった」と話した。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【巨人】ドラ4の創価大・門脇誠、ポスト坂本へ走攻守で魅せた「プロで生き抜くには小技絡めないと」
 巨人からドラフト4位指名を受けた創価大の門脇誠遊撃手(21)が23日、東京新大学リーグの流通経大戦に「3番・遊撃」で出場し、持ち前の俊足や高い守備力を示した。セーフティーバントを含む2本の内野安打な

視察に訪れた巨人・柏田担当スカウトは「足も速いし、守りもいい。肩も強い。走攻守のそろった選手」と改めて高評価。打率4割7分7厘で首位打者とベストナインに輝いたが、同スカウトは「打撃はプロに入ってからいくらでも伸びる」と、さらなる成長の余地を確信している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント