東海大相模・吉田凌投手、小笠原慎之介投手を虎が追う

東海大相模, 小笠原慎之介, 吉田凌

 デイリースポーツの特集「虎が追う」では、東海大相模の吉田凌投手と小笠原慎之介投手が特集され、阪神のスカウトが共に高く評価しているとのことだ。

小笠原慎之介投手

 小笠原慎之介投手について、担当の北村スカウトは「腕がしっかり振れて、スピードもだけど、球に力がある」と評価している。

 小笠原投手は182cm83kgの左腕で、高校1年時から注目されると、安定感と球速のある左腕として、先発、リリーフで活躍を続け、昨年夏の甲子園でも登板をしている。そして秋からは背番号1を背負いエースとなると、この春はなかなか登板をしなかったものの、関東大会では149km/hを記録し成長を見せた。

 試合後半でも140km/hを越える速球を投げるスタミナと、初速と終速が2,3km/hしかないという伸び、そしてクロスファイヤ―が決め球として使えるコントロールなどがあり、プロのスカウトもドラフト1位候補として評価している。

 

吉田凌投手

 吉田凌投手の話題になると、必ず阪神のスカウトがコメントをし高く評価している様子がうかがえる。特集では担当の北村スカウトが「左打者では消えるように見えるのでは」とスライダーを評価し、「直球とスライダーのコンビネーションで十分。まだ他の球種は要らない」と評価している。

 吉田凌投手は1年生の夏に149km/hを記録し、怪物候補の一人として注目された。試合でもエース格として投げることが多かった。しかし2年生になると練習態度などに油断が現れたのか、門馬監督は吉田投手に厳しくなり、夏の神奈川大会決勝では先発をして20奪三振を記録し完封ペースだったものの、9回2アウトに交代させている。

 その後、背番号1は小笠原慎之介投手が付けるようになり、秋も目立った活躍はみられなかった。そしてこの春は、球速も140km/h前後まで落ちるなど心配された。それでも先日の関東大会ではリリースポイントを前に修正すると、球速は変わらないものの直球で三振を奪えるようになった。

 181cmの大型投手だが体重はまだ70kg、3年生までに体重を増やす投手も多いが、吉田投手は増やさなかった。プロのスカウトは、まだこれから成長する可能性があるとみている。

 

進路は

 東海大系列の投手として、大学からは進学が望まれているとは思うが、果たしてどんな決断をするのか、そして夏に二人がどんなピッチングを見せるのか、非常に楽しみだ。

 阪神だけでなく、多くの球団が注目している。

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東海大相模・左右の両輪  デイリースポーツ特集「虎が追う」 2015/5/26

 


PAGE TOP