夏の高校野球・埼玉大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球埼玉大会、昨年はドラフト1位指名のスラッガーや、150キロ前後の球を投げる投手がおり注目された。今年もプロ注目のスラッガーにや遊撃手、各高校に好投手がおり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は昌平が優勝し、細田学園が準優勝。ベスト4に春日部共栄と大宮東が入った。春は浦和学院が優勝、花咲徳栄が準優勝し、昌平、上尾がベスト4に入った。

花咲徳栄は投手・野手ともに選手層の厚さはダントツと言えるが、春は決勝で浦和学院に敗れており、浦和学院も実力がある。安定してチーム力を見せる昌平が追いかける展開で、春日部共栄、上尾、山村学園などが追いかける。

注目選手

高校通算55本塁打まで伸ばしている昌平の吉野創士選手は、プロのスカウトからドラフト上位候補の声も挙がる選手。まだ線は細いものの、大きなスイングからの打球はセンターからレフト方向に消えていく。確実性という点で課題があるものの、持っている素質は申し分ない。

花咲徳栄の浜岡陸選手は、チームの伝統とも言える、抜群の守備を見せる遊撃手。守備については全国でもトップクラスと言って良い。打撃については打率を残すタイプだが、春は思うように行かない打席が多かった。それでも必死に堪える姿を見て、夏は開花するだろうと思う。即プロというよりは大学などで打撃を磨いてからという感じだが、花咲徳栄の遊撃手はプロに進むケースも多い。

花咲徳栄では春にエースとして投げた松田和真投手は180cm85kgから145キロを記録、同じく右腕の堀越啓太投手も182cm88kgから147キロの速球を投げる。昨年秋のエースで143キロの速球で打たれない投球を見せた高安悠斗投手は、春は故障のためベンチに入らなかったが、184cm83kgから143キロを記録しており、安定感は最も良い。それぞれがどのような進路に進むのか注目したい。

それらの投手の球を受ける味谷大誠捕手も、セカンドまで1.8秒台の方に50m6.2秒の足があり、打撃も昨年は下位打線だったが、現在は主軸を任されるようになった。まだポテンシャルがあり、プロのスカウトも注目する。

浦和学院の三奈木亜星選手は、1年時から投打に注目されており、最速146キロの速球を投げ、主軸として強打を見せるものの、まだ両方とも磨く余地を残している感じ。大学などで成長を見たい。

その他の選手

花咲徳栄は左のスラッガー・飛川征陽選手や冨田隼吾選手、秋山貫太選手も長打力が魅力で一発がある。1番バッターとして鹿野亮太選手も打撃センスが良い。2年生の金子翔柾投手もすでに140キロを記録しており、来年のエース候補として待機している。

浦和学院は2年生左腕の宮城誇南投手がエース、140キロの速球に小さなテイクバックで見えにくい球の出どころが持ち味。宮城投手、三奈木投手をリードする吉田瑞樹捕手は、粘りのリードとともに打撃で活躍する。遊撃手の吉田匠吾選手もハツラツなプレーを見せる。

春日部共栄の増田凛之介遊撃手は、168cm73kgと小柄だが、高校通算15本を超すパンチ力のある選手で、ショートの守備も安定している。左腕エースの高橋正吾投手も130キロ中盤の速球とキレの良い変化球を投げ、捕手の石崎慶太郎選手も強打が注目される。2年生で3番を打つ山口叶翔選手の打撃も見もの。

昌平は古賀智己選手も軽くホームランを打てて高校通算本塁打は2桁。投手は2年生でU15代表を経験した182cm右腕の川島新大投手が130キロ中盤を記録しており、大きく成長が期待。同じく2年生の吉川優一朗投手も昨秋に春日部共栄を8回3安打1失点に抑える安定した投球を見せている。

上尾高校の中澤颯汰投手は188cmから最速139キロの速球を投げる。まだ荒削りな所があり、上のステージで磨かれた時にどんな球を投げるか楽しみ。サイドハンドのエース・新井陸斗投手はコンビネーションがハマれば抑えられるが、もう少し球威が欲しい。ショートの後藤貴希選手も1番遊撃手として攻守に評価の高い選手。

山村学園の小泉裕貴投手も1年時から140キロの速球を投げた力のある投手、故障で3年時の活躍はまだ見られていない。178cm82kgの右腕で130キロ中盤を記録する福田拓実投手や主砲の秋本光誠選手などもブレークをしたい。

川口市立の原口稜平投手は143キロの伸びのある球を投げ、プロのスカウトも注目をしている。秀明英光の岩井裕貴投手は、180cmの右腕で最速は142キロ、制球の良さが光り、こちらもプロが注目する。川越工の鈴木翔馬投手は、アンダーハンド投手で横に滑るスライダーが武器。強豪を相手に好投を見せる。

浦和実の栗山凛平投手は、昨年の豆田投手ほどではないが、回転の良いストレートを投げる。武南の長田寛樹投手や正智深谷の島田翔矢投手、久喜工の松本圭一郎投手も130キロ台のストレートを使う好投手。大宮東の左腕・高橋亮匡投手は投球術で抑える左腕、2年生の清水慶斗投手は昨秋にエースとして投げた実力があり、4番には強打の山岸大悟選手が2年生で座る。

狭山清陵の澤田介盛捕手は二塁まで1.84秒のタイムを記録する埼玉屈指の強肩捕手。聖望学園は佐々木海斗選手、小林蒼汰選手の両外野手が、投手としても力のある球を投げる。西武台も武井大智選手、深田翔太選手の強打の外野手が引っ張る。2年生の渡邊新太投手は、1年時に143キロを記録した180cm78kgの本格派でブレークするか。

この他で下級生では聖望学園の北原鷹門投手が130キロ中盤の速球を投げ、立教新座の金子永選手は、181cm85kgの身体があり、父(金子誠氏)譲りの強打の選手。大宮工業の大澤叶夢選手もスピードのある選手。

2021年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント