千葉学芸・有薗直輝選手が2点三塁打、12球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

プロ注目の高校通算70本塁打スラッガー・有薗直輝選手が夏初戦を迎え、12球団のスカウトが視察をした。

スポンサーリンク

3四球

市川工との対戦となったこの日だが、有薗直輝選手は初回、ノーアウト1,3塁の場面で右中間を破る2点タイムリー3ベースヒットを打つ。第2打席は打ち取られると、その後は3つの四球となった。

この日は1安打のみだったが、外角の球をセンターから逆方向へと打ち返し、「コースに対応した打撃ができたと思う」と納得をしていた。

この日はコメントなどは掲載されていないが、12球団のスカウトが視察をしており、注目度は非常に高い。右の強打者でスラッガータイプの選手として、非常に高く評価されてドラフト会議を迎えるのではないかと思う。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球47地区の注目選手まとめ【注目度NO.1野手】
夏の高校野球47地区の注目選手紹介から、各地区の投手と野手の注目度NO.1選手をまとめます。今回は野手編。投手編
夏の高校野球・千葉大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球・千葉大会はプロ注目の大砲・有薗直輝選手や、150キロを投げ素質の高い細谷玲央投手などがいるが、例年よりやや少ない感じもあり、ドラフト注目度はB。

12球団のスカウトが熱視線を送る中、見せ場はいきなり訪れた。初回無死一、三塁から右中間を破る先制の2点三塁打。「打ったのは外の球だったので、コースに対応した打撃ができたと思う」と笑みがこぼれた。結局2打数1安打に終わったが、3四球を選ぶなどチームの勝利に貢献した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント