夏の高校野球・福井大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球福井大会、3年生だけでなく2年生にも楽しみな選手が多く、3年生でもプロが注目する投手がいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は福井工大福井が優勝し、啓新高が準優勝。敦賀気比と丹生が4強入りした。選抜には敦賀気比と、21世紀枠で丹生が出場している。

春は啓新が優勝し、準優勝に福井工大福井。4強には丹生と敦賀工業が入った。

優勝候補は啓新と福井工大福井、春は新型コロナのために不戦敗となった敦賀気比、センバツで大敗したものの、春に成長した姿を見せた丹生が優勝争いをしそうだ。

注目選手

福井工大福井の向嶋大輔投手は最速147キロを記録する。真上から投げ下ろすフォームで高さの角度があり、ストレートの威力で抑えられる投手。また、50m5.8秒の俊足に高校通算19本塁打のパンチ力、広角にヒットを打つ打撃技術もあり、二刀流としてプロのスカウトが注目している。

敦賀気比の上加世田頼希選手は、中学時代にU15代表を経験し、1年時から注目されてきた。180cm80kgの体もあり投手として144キロ、また内野手として長打力もあり、肩の強さ、足の速さもある。投手としては少し伸び悩みという所で野手として、将来が期待される。捕手の渡辺優斗選手はU15代表の捕手で強肩が注目された。リード面や周りを見れる視野の広さなどで評価されている。

その他の選手

福井工大福井は捕手の森内大奈選手が二塁送球1.84秒を記録する強肩が光り、渡辺航輔捕手も能力が高い。鋭いスライダーを軸とした投球をする八木唯斗投手や、変化球主体の左腕・鳴海仁哉投手、そして2年の岡部凌大投手は最速143キロを記録する。投手陣の層が厚い。

敦賀気比は上加世田投手などと中学時代のチームメイトだった岡村颯樹選手や、肩と足に柔らかい打撃の春山陽登選手、好守備と50m6.0秒の足を持つ米満晴選手、50m5.8秒の俊足・河合陽一選手、長打力のある石原幹太選手などの3年生に、既にプロが注目している俊足の2年生内野手・濱野孝教選手など下級生にも楽しみな選手が多い。

啓新は180cm70kgの左腕・松宮碧久投手が130キロ中盤の速球にキレがあり、三振を奪う。143キロの速球を投げる左腕の田中太朗投手もタイプが違っておもしろい。1番打者の藤村洸大朗選手はパンチ力があり、加藤駿英選手も打力と足がある。

丹生は2年生左腕エースの井上颯太投手が柱。170cm70kgから140キロの速球を投げ、春は敦賀戦で15奪三振を記録するなど、センバツの大敗を経験し成長した姿を見せた。4番を打つ来田竹竜選手、パワーのある小松海夢選手に、2年生でも182cm85kgの斉藤元紀投手やショートを守る橋本隼選手など、成長が期待できる。

北陸高は178cm81kgの竹田零士投手がリリーフで登板し143キロを記録、土合章太投手が先発で142キロの速球をなげる。186cm80kgの長身左腕・百田璃希投手も注目投手の一人。広角にヒットを打つ平沢剛選手や、長打力に足もある鈴木陸翔選手、シャープなスイングの藤野秀太選手など、投打に選手がいる。

福井商業は2年時からレギュラーとしてプレーする川崎優選手に、2年生で捕手の高嶋仁選手、川野仁輔投手、山本敦広選手など楽しみな選手がいる。

坂井高の墨谷彪雅投手は球威が魅力の右腕投手で、守備の評価が高い2年生の廣瀬湘生選手などがいる。

羽水の鳥山慎士朗投手は184cm94kgの大型左腕投手で球速は141キロを記録し、打っても高校通算23本塁打、またこの体で50m6.3秒の足がある。敦賀高の齊藤俊輔投手は182cm75kgの右腕で最速140キロ、50m6.2秒の足もある身体能力の高い選手。科学技術高の北崎心平選手は、投げては135キロを記録し、俊足の1番打者としても活躍をする。金津の北嶋竜成投手は130キロ後半を記録し、強豪相手に抑える力がある。

敦賀工の北村勇汰捕手が二塁送球が1.83秒を記録し注目される。若狭の吉田瑛亮選手やセンスの良さを感じさせるプレーをする。

2022年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント