浦和黎明・吉川悠斗投手が9者連続含む20奪三振、ヤクルトGM・オリックスなど3球団視察

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

185cmの長身右腕としてプロが注目する浦和黎明の吉川悠斗投手が、夏の高校野球埼玉大会で登板し、20奪三振1失点完投勝利の投球を見せた。この試合には3球団が視察し、東京ヤクルトは小川GMと橿渕スカウトグループデスクが視察した。

スポンサーリンク

9者連続

秩父農工科との試合で先発した吉川悠斗投手は、1回の先頭打者から9者連続奪三振の圧巻の立ち上がりを見せた。「気をつけたのは、真っすぐのコントロール。最初から飛ばした。できるだけ三振を取れば、内野の負担が減るから」と話す。

ストレートは141キロ、得意のスライダーで7回1アウトまでノーヒットノーラン投球を見せたが、ヒットの後に二塁打を浴びて1失点をした。しかし、その後はチェンジアップも有効に使い、9回までに20個の三振を奪った。

雷の予報があり、試合中に4度の中断があるなど、調整が難しい投球となったが、「肩をストレッチしたりしていました」と整えながら投げ、9回2安打20奪三振1失点で完投し勝利した。

6月末に花咲徳栄と練習試合を行い、その時には大勢のスカウトが視察にくるなかで5回5安打5失点と結果を出せなかった。この日は3球団のスカウトが視察に訪れたが、東京ヤクルトはGM、スカウトグループデスクが視察するなど、注目をしている。

東京ヤクルト・小川GM:「9連続三振は簡単にできるものじゃない。球速以上の切れがあって、今後の可能性がある素材。もっとスピードは出てくるだろう」

東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク:「この前は抜ける球が多かったが、きょうはうまくたたけていてキレが良かった」

オリックス・岡崎スカウト:「今まで見た中で一番。ここにしっかり合わせてきたのも評価したい」

まだ最速は141キロだが、185cm77kgとまだ体の成長も見込まれる。ストレートの角度やキレ、そしてインコースにも投げられる制球力などがある投手で、これから球威が増してくれば、将来はかなりの投手になるかもしれない。

夏の高校野球・埼玉大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球埼玉大会、毎年のように投手・野手でドラフト上位で指名されるような選手を輩出してきたが、今年は上位指名とまでは行かないが、各高校に将来楽しみな選手がいる。ドラフト注目度はB。
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
浦和麗明のプロ注目左腕・吉川が20K! ヤクルト・小川GM「今後の可能性がある素材」/埼玉大会
埼玉大会2回戦で浦和麗明のプロ注目左腕、吉川悠斗投手(3年)が今夏初登板。一回先頭から三回までの9者連続を含む計20奪三振をマークするなど、2安打1失点で完投勝…
プロ注目左腕が20奪三振快投!浦和麗明・吉川悠斗にスカウト「今まで見た中で一番」【高校野球埼玉大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇12日 第104回全国高校野球選手権・埼玉大会2回戦 浦和麗明7―1秩父農工科学(レジデンシャルスタジアム大宮) 浦和麗明のプロ注目...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント