夏の高校野球・埼玉大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球埼玉大会、毎年のように投手・野手でドラフト上位で指名されるような選手を輩出してきたが、今年は上位指名とまでは行かないが、各高校に将来楽しみな選手がいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は浦和学院が優勝し、センバツでもベスト4入りした。準優勝は花咲徳栄、4強に上尾と聖望学園が入っている。

春も浦和学院が優勝し山村学園が準優勝、上尾と市川越が4強入りした。

打線の強さ、投手の安定度で全国でも優勝を目指せるレベルの浦和学院が優勝候補だが、連続でプロ野球選手を出している花咲徳栄も力のある選手が成長し、調子が良くなかった選手も戻ってきつつある。山村学園も同じくらいの選手の層があり、夏を勝ち抜く強さがある。

秋春と安定して上位に進出していた上尾、そして川越東や西武台、市立川越といった所が優勝争いに絡みそうだ。

注目選手

浦和学院の宮城誇南投手は、1年時より左からキレの良い球を投げる投手として登板していたが、3年時には球速帯が130キロ後半になってきて本格化しつつある。得意の鋭い変化球とキレの良いストレートは大学などでは即戦力級と見られる。

花咲徳栄の金子翔柾投手は球の力がある投手で昨夏も力投を見せていた。しかし、秋の終盤から故障により、3年春も思うような投球は見せられていない。自己最速の145キロを超す球を投げたい。

この他に投手では武南の石橋凪仁投手が最速145キロの速球を投げる。昨年夏もエースとして投げ昌平に敗れたが、今年はその雪辱に燃える。西武台の渡邊新太投手は182cm88kgの体から145キロを記録、強い球が持ち味。浦和黎明の吉川悠斗投手は185cmの長身左腕投手で、最速は142キロだが、やや横から出るストレートがクロスして右打者は打ちにくく、内・外への変化球もキレがある。野球では有名でない秩父農工科学高の岸岡翼投手もプロが注目している。179cm75kgの右腕投手でバランスの良いフォームから130キロ後半の速球を投げる。

野手では花咲徳栄の藤田大清選手が注目される。187cm82kgの外野手で、春に急成長した姿を見せた。打席でとにかく迫力があり、ライト方向への打球はファウルもインフィールドの球も圧倒される。大型だが50m6.2秒の足に遠投100mの肩もあり、プロでどのようなタイプの選手になっていくのかを見たい選手。

浦和学院の181cmの内野手・金田優太投手は投手としても130キロ後半の球を投げる強肩が魅力だが、守備・打撃でもっとアピールがほしい。捕手の高山維月選手は、高校通算23本塁打の長打力があり、守備でも肩の強さとともに捕球の動きも良かった。

その他の選手

浦和学院では投手として実績を積んでいる左腕の芳野大輝投手、143キロの力のある球を投げる小田部夏行投手などがおり、野手陣も強打の鍋倉和弘選手、俊足強肩の伊丹一博選手や八谷晟歩選手、そして192cm103kgとひときわ目立つ体の三上栞汰選手が、春は代打で2試合連続ホームランと、桁違いのパワーを見せた。

花咲徳栄は、137キロの球を投げる鈴木羚也投手などの投手陣に、捕手の吉原銀侍選手やショートの山田慎之介選手、2年生で4番を打つ柴田樹選手など、もともと素質の高い選手が状態を整えつつある。

山村学園は、17cm80kgの坪井蒼汰選手が昨夏に1試合2本塁打を記録しており、この春も関東大会で2本塁打、酒井大輝選手も2試合連続ホームランを放っている。50m5.8秒の俊足の1番打者・井上翔汰選手がチャンスを作る。右サイドハンドから130キロ後半を記録する山田翼投手や、1年生で130キロ後半を記録する左腕の西川歩投手なども期待。

昌平はU15代表メンバーだった川島新大投手が182cm75kgの体から130キロ後半の速球を投げ、まだまだ素質を持っていると思う。1年時から好投を見せていた吉川優一朗投手や、1年時から出場してきた小林飛雄馬選手などが力を見せたい。

川越東は183cm75kgの左腕で140キロを記録する伊藤匠海投手が復活すれば楽しみ。183cm83kgの大型捕手・白水大陸選手も二塁送球1.9秒台のプロ注目選手。

聖望学園は130キロ中盤の伸びのある球を投げる北原鷹門投手や181m75kgの右の強打者・上石航大選手などがいる。春日部共栄の山口叶翔選手も打撃技術の高い選手。大宮東は左腕エースの清水慶斗投手と長打も打てるリードオフマンの廣島虎泰選手、4番を打つ強打者の山岸大悟選手などが核となる。

上尾高の金丸健司捕手は中学時代にシニアの日本代表を経験、経験に裏打ちされたリードが光る。市立川越の関盛宏選手も2年生で4番をうち、今年はエースとしてもチームを引っ張る。秀明英光の清水眞央選手は50m6.0秒の足と広角にヒットを打つ技術、そして守備力にも定評がある。立教新座の金子永選手は父が元プロの金子誠選手で、181cm85kgの恵まれた体のある選手。

宮代高の田中義高投手はストレートの速さを感じさせる投手で最速は140キロだという。

2022年度以降-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント