九州国際大付の佐倉侠史朗選手が推定120超えの通算20号ホームラン、BIG3で唯一勝ち残り

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

来年の高校生スラッガーBIG3の一角・九州国際大付の佐倉侠史朗選手がこの日、東筑との試合の初回に特大のホームランを放ち、この夏で唯一勝ち残っている。

スポンサーリンク

BIG3

花巻東の佐々木麟太郎、広陵の真鍋慧、そして九州国際大付の佐倉侠史朗、昨年秋に高校1年生のスラッガーBIG3として注目された選手は、明治神宮大会、今年春のセンバツも3人で出場した。

しかしこの夏はまず広陵が敗れ、そしてこの日、花巻東が敗れて3人の揃い踏みは無くなった。しかし最後の一角となった佐倉選手は勝ち残った。

この日の東筑戦の初回、「打った瞬間入ったと思ったが、バットの先だったのであそこまで飛ぶとは思わなかった」と話す打球は、ライトスタンド上段の看板に直撃する推定120mを超す特大のホームランとなった。高校通算20号だった。3回の第2打席目でもセンター前ヒットを打ち、「本塁打の後で大きい当たりを狙うのを捨てたのが良かった」と話した。

プロ注目の野田海人選手も高校通算15本目となるホームランを放ち、福岡4強に進出した。

この夏の甲子園に出場し、BIG3として最初のアーチを描くことができるか、注目したい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・福岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球福岡大会、毎年注目度Aとなっている福岡大会だが、今年も145キロを越す速球を投げる投手が多く、注目捕手や来年のドラフト目玉クラスの選手など、目が離せない地区となっている。ドラフト注目度はA。
九州国際大付が4強入り 看板直撃弾の佐倉「あそこまで飛ぶとは」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2年生BIG4の一人、九州国際大付・佐倉侠史朗(2年)のバットがいきなり火を噴いた。初回2死一、二塁。狙っていたストレートを振り抜くと、打球は一直線に右翼席上段の看板を直撃した。「打った瞬間入ったと思ったが、バットの先だったのであそこまで飛ぶとは思わなかった」。推定120メートル超えの豪快な一発は高校通算20号の先制...
九州国際大付4強進出 佐倉侠史朗が右翼最上段看板直撃弾「あそこまで飛ぶとは…」/福岡 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
福岡大会は準々決勝2試合が行われ、今春センバツ8強で優勝候補筆頭の九州国際大付が4強入りを決めた。注目の2年生スラッガー・佐倉侠史朗内野手が、東筑戦で右翼席最… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント