仙台育英が5人の140キロ投手で完封リレー

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

仙台育英が5人の投手リレーで完封勝利、5人とも140キロ以上を記録した。

スポンサーリンク

仁田投手は147キロ

仙台育英は、先発した2年生の高橋煌稀投手が5回1安打5奪三振無失点、144キロを記録すると、6回からはエースの古川翼投手が2回をノーヒット3奪三振、8回は2年生左腕の仁田陽翔投手が147キロを記録し1安打3奪三振無失点、9回は斎藤蓉投手が144キロ、湯田統真投手が146キロを記録し無失点に抑え、登板した5人の投手がいずれも140キロを記録し完封した。

視察した東京ヤクルトの斉藤スカウトは「投手陣がチームを支えて優勝してきた。今後も楽しみな投手が多い」と話した。

2年生と3年生を交互に投げさせ、それぞれがうまく力を見せた。監督も「誰が先発になるかわからない」と話しており、これからもこの5人の投球が注目される。

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
仙台育英、140キロクインテットが無失点リレー 圧勝発進/甲子園
第104回全国高校野球選手権大会第6日第1試合(仙台育英10-0鳥取商、2回戦、11日、甲子園)仙台育英が快勝し、3回戦に進出した。エース古川翼投手(3年)が2…
【甲子園】仙台育英史上初5投手で完封リレー「投手王国」ぶり発揮、全員が145キロ超え - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
仙台育英(宮城)が史上初の5投手による完封リレーを決めた。夏3年ぶりの1勝で16強入り。登板した全員が最速145キロ超えで、2安打、14奪三振という圧倒的な内… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント