中央大が始動、森下翔太選手・北村恵吾選手がプロ入り目指す

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

中央大が1月9日に練習始めを行い、注目のスラッガーコンビ・森下翔太外野手と北村恵吾内野手がそれぞれプロ志望を明言した。

スポンサーリンク

プロ一本で行きたい

森下翔太外野手は「プロ1本でいきたいと思います」とプロ志望を明言し、「今年は本塁打にこだわっていきたい。首位打者のタイトルを取って日本一が目標です」と今年の目標を語った。

森下選手は東海大相模時代に通算57本塁打を放ち、ドラフト候補として注目された。中央大に進学すると、1年春に2本塁打、打率.306を記録し、侍ジャパン大学代表にも選ばれている。

その後、新型コロナの感染拡大で試合や練習ができなくなった影響もあり、試合が再開してからも打率を残せなくなっているが、昨年春は2本塁打を記録するなど、3年間でリーグ通算5本塁打を放っている。

侍ジャパン大学代表候補合宿にも参加しているが、フリー打撃でフェンスを越える打球を放っており、長打力では候補の中でもトップクラス、大学屈指の右のスラッガーとして評価できる。

また、北村恵吾選手も近江高校時代に45本塁打を放ち、強打の三塁手として甲子園でもその打撃を見せた。北村選手は大学では2年時まで出場が少なかったが、3年になってからレギュラーとして出場し、春は2本塁打、秋は1本塁打を放つ。そして今年はサードからセカンドにコンバート予定で、主将にも就任し、牧選手の後釜として打撃とリーダーシップが期待されている。

北村選手もプロ志望する。家族との初詣でも、「かなうのは難しいが、案外簡単にかなう」というおみくじを引き、「プロは難しい道だけど、おみくじにそう書かれているので嬉しくて。頑張ろうと思いました」と話した。地元では「プロに行くのを待っとるで」と友人たちに送り出され、「応援してくれる人たちがいる。いい報告ができるようにしたい」と話す。

超高校級のスラッガーだった二人は、入学してからともに練習に励み、森下選手は北村選手のことを「いつも2人で練習しているので、恵吾は細かい変化に気付いてくれる。」と話す。中央大はこの二人で、牧選手の打撃を上回るような活躍をしたい。

リーグ制覇、そしてドラフト会議と、二人の夢を紡いでいく。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中大ドラフト候補の北村恵吾&森下翔太プロ入り宣言 練習始めで気持ち新た - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同大グラウンドで練習始めを行った。今年のドラフト候補に挙がる北村恵吾内野手(3年=近江)と森下翔太外野手(3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

森下、北村の「練習パートナー」は今年も健在だ。この日、選手たちは早朝から施設の掃除にランニング、キャッチボールで始動。その後、北村と森下は室内練習場へ移動し、2人でティー打撃で1箱分の球を打ち込み、初日の練習を終えた。森下は「いつも2人で練習しているので、恵吾は細かい変化に気付いてくれる。今日はポイントが少し前になっていたくらい。すぐに修正できそう。例年よりも動ける状態ですね」と、新年のスタートに自信を見せた。

中大始動 森下、進路は「プロ一本」首位打者目指す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの中大が9日、東京都八王子市のグラウンドで始動した。チームのスローガンには「日本一」を掲げており、清水達也監督は「上級生が先頭になってチームも変わろうとしている」とうなずく。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント