専修大・菊地吏玖投手は4回5安打1失点、11球団が視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

専修大の151キロ右腕・菊地吏玖投手はこの日、4回を投げて5安打を許すなど調子が良くなかった。

スポンサーリンク

11球団視察

東農大戦で先発したプロ注目右腕の菊地吏玖投手だったが、この日は3回に2安打と四球が絡み1失点、その後も苦しいマウンドとなり、4回5安打2四球1失点の所で降板した。

「体のバランスが合っていなかった。ボールがうわずってしまった」と話した。先週は3連投をしている。その後、コンディション調整をし、「体の状態はリセットできた」と話すが、この日の前日の調整で走り込みの量を多くしたことが、フォームのバランスを狂わせた。「下半身が粘ることができていなかった。」と話す。

それでも、やはり3連投というのは体の負担が大きいと思われる。起用した方の責任とも言えるだろう。それでも菊地投手は、この日は4回で4つの三振を奪い、意地をみせ、「次回は絶対に勝ちます」と話した。

この日は66球を投げているが、連投はトータルで見て良い事はないと思うのでやめてほしいと思う。今度はしっかりと調整できた状態で、スカウトの前に立たせてほしいと思う。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【東都大学2部】専大が東農大に先勝 ドラフト候補の菊地吏玖4回1失点「ボールがうわずった」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
専大が、タイブレークの末に東農大に先勝した。9回に3-3の同点に追いつかれたが、タイブレークで10回表に4点を奪った。斎藤正直監督(62)は「追いつかれてほぼ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロ11球団のスカウトが視察に訪れる前で、今秋ドラフト候補の菊地吏玖(りく)投手(4年=札幌大谷)が先発した。1-0で迎えた3回に2安打を許し四球もからんで同点に追いつかれた。完投する予定だったが、4回1失点で降板。「体のバランスが合っていなかった。ボールがうわずってしまった」と反省していた。

専大151キロ右腕・菊地吏玖に11球団スカウト集結 4回5安打1失点「ボールが上ずってしまった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 専大は延長10回タイブレークの末、7―4で東農大を下した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント