八幡商の145キロ右腕・中川翔介投手が14奪三振も敗戦、大学進学予定

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

八幡商で最速145キロの速球を投げ・プロも注目する中川翔介投手がこの日、14個の三振を奪ったものの4失点して試合に敗れ、高校野球を終えた。

スポンサーリンク

146キロ記録

中川翔介投手は180cm90kgの恵まれた体があり、高校入学時から球速を25キロ以上もアップさせ145キロを記録すると、昨年秋からプロのスカウトが視察に訪れるなど注目される投手となった。

この日の米原戦で先発をすると、5回に自己最速を更新する146キロを記録し14個の三振を奪う力投を見せたが、4失点し3−4で敗れた。「チームに申し訳ないです」と涙を流した。

今後は大学に進む予定で、4年後のプロ入りを目指す。「もっとレベルアップして、ピンチの時ほど頼られる投手になりたい」と高校野球の先に視線を向けた。

夏の高校野球・滋賀大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球滋賀大会、近江の山田選手は全国屈指の右腕投手で、ドラフト会議での上位指名の可能性がある。ドラフト注目度はB。
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【滋賀】八幡商のプロ注目右腕・中川翔介、14奪三振も初戦敗退で涙「チームに申し訳ないです」
 八幡商(滋賀)のプロ注目右腕・中川翔介(3年)が14三振を奪ったが、初戦で敗退した

4年後のプロ入りを目指して大学に進む予定だ。「もっとレベルアップして、ピンチの時ほど頼られる投手になりたい」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント