オリックス・福良監督が退任へ、後任は田口監督有力

オリックスの福良監督が、来季の監督要請を固辞し、辞意を伝えていたことが分かった。

チーム作り進めるも成績の責任取り

福良監督は球団より続投要請を何度か受けていたものの、来季の去就を明らかにしていなかった。しかし、デイリースポーツによると、続投要請を受けた時点でそれを固辞し、監督辞任の意思を伝えていたという。球団は慰留をしたものの、その意志は変わらなかった。

チームは3位から大きく離される4位となった。福良監督は「こんな成績に終わってしまって球団にもファンにも申し訳ない。」と話し、続投要請については「ありがたい話だが、この世界は結果がすべて。ケガ人が出たことも含めて自分の責任」と話した。

2015年のシーズン途中に監督代行としてチームの指揮を任されると、2016年から今年まで3年間で、吉田正尚選手を4番打者に、また宗選手、福田選手、若月捕手など若手を起用し、また投手でも山本投手をリリーフに、ドラフト会議で獲得した山岡投手、田嶋投手を起用して、チームの若返りを進めてきた。特にドラフト会議ではフロントやオーナーが獲得を決めていた田中正義投手の指名について断固として反対し、確実に指名ができそうな山岡投手を指名、また昨年も清宮幸太郎選手など高校生野手が注目される中で、左のエースとして田嶋投手の獲得を要望した。

後任は3年間2軍監督を務める田口氏が有力となる。福良監督が築いた土台にをベースに、田口監督がどのようなチームビジョンを示すのか、即戦力中心、投手や守れる選手を中心に指名をしてきたドラフト戦略が、今年はどのように変わっていくのか注目される。関西学生リーグでは、田口氏の記録に迫るヒットを放ち、田口氏と同じく俊足・強肩を売りにする辰己涼介選手(立命館大)がいる。辰己選手の指名についても注目したい。

オリックスバファローズ、過去のドラフト指名

今月初旬には球団から続投要請を受け、これに対してシーズン中であることを理由に保留したとみられていたが、この時点で固辞、辞意を伝えていたことが分かった。球団は再三の慰留に努めたが、翻意することはなかった。
「こんな成績に終わってしまって球団にもファンにも申し訳ない。(続投要請は)ありがたい話だが、この世界は結果がすべて。ケガ人が出たことも含めて自分の責任」


PAGE TOP