西武育成ドラフト4位の国学院大・川村啓真選手が入団合意、「一日も早く2ケタ背番号に」

2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、育成ドラフト4位で指名した国学院大の川村啓真選手と、支度金350万円、年俸400万円で入団に合意した。

スポンサーリンク

強打の外野手

川村啓真選手は今春の東都リーグ戦で首位打者を獲得するなど、投球へのコンタクトもよく、長打力があるながら粘りの打撃もできる。春・秋連覇の国学院大の主軸として活躍した。

同じく主軸で活躍した国学院大の福永奨選手がオリックスのドラフト3位で指名された。捕手ということもあったが、ドラフト時には少し評価に差が表れた。川村選手は、「1軍の試合に出られる権利を得て、同じステージまで行けるように頑張りたい」と話し、担当の竹下スカウトも「一日でも早く2桁背負ってもらえるように頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。

打席での雰囲気、どんな球にも対応してくる打撃で、ファームでも格をみせてくれるのではないかと期待している。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント