神戸弘陵・時沢健斗投手が5者連続奪三振、4球団5人スカウト視察し阪神「力がある」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

神戸弘陵が日本航空石川と練習試合を行い、プロ注目の148キロ右腕・時沢健斗投手が先発した。

スポンサーリンク

5者連続奪三振

時沢健斗投手はこの日、「フォークと直球の組み合わせをテーマにした」とフォークボールと縦のツーシームを使う投球で、2回1アウトから5者連続三振を奪った。甘いフォークボールなどを打たれて4回で3失点をしたものの、8つの三振を奪い、この日のテーマに対する答えを見せた。

この日は4球団5人のスカウトが視察をしたが、阪神の熊野スカウトは「直球に力がある。フォークも魅力的」と評価した。

最速148キロまで球速を伸ばしている184cm83kgの大型右腕に注目したい。

夏の高校野球・兵庫大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球・兵庫大会、140キロ中盤を記録しプロのスカウトも注目する投手が比較的多いものの、昨年の中森、来田選手のようにドラフト上位での指名が予想されるような投手がおらず、ドラフト注目度はB。
2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「フォークと直球の組み合わせをテーマにした」と、この日は落ちるボールがさえわたった。膝元付近からストンッと落ちるフォークや縦のツーシームを駆使し、2回1死から5者連続三振をマーク。甘く入った球を痛打されて失点を許したものの、視察した4球団5人のスカウト陣に奪三振能力の高さを示した。阪神・熊野スカウトは「直球に力がある。フォークも魅力的」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント