花巻東の佐々木麟太郎選手が48号ホームラン、巨人・中日・西武・DeNA・楽天などスカウトが絶賛

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

花巻東の佐々木麟太郎選手が、全国大会デビューの第1打席で、高校通算48号となるホームランを放った。2023年のドラフト候補として、巨人・中日・埼玉西武・横浜DeNAなどのスカウトが絶賛した。

スポンサーリンク

スカウト「びっくりしました」

佐々木麟太郎選手はこの日、1回2アウトランナーなしで迎えた第1打席で、カウント1-0からの132キロのストレートを振り抜くと、代休はライトスタンドに突き刺さった。公式戦通算11本目となるホームランで、高校通算48号となった。

また、この日は、第2打席でも低めの球をすくい上げて犠飛を上げるなど、2つの犠飛で得点を重ねた。スイングを始動してから振り抜くまでが一瞬のスピード、どんな球にも対応できるバットの出は圧巻だった。

この日は大学の部なども行われ、多くのスカウトが視察をしているが、2023年のドラフト候補となる佐々木選手に、スカウトも絶賛のコメントをしている。

西武・前田編成グループ育成・アマチュア担当チーフ:「ビックリしました。スケールが大きく末恐ろしい。大観衆の中でも初打席から結果を出す。注文をつけるところがない。このまま大きく育って欲しいですね」

巨人・水野スカウト部長:「清宮の記録を抜くのでは。順調に育っていけば、ドラフト1位になるだけのものを感じました」

巨人・柏田スカウト:「ただ打つんじゃなく、点が欲しいところできっちりと打っている。主軸としての働きができているのは素晴らしい。力任せではなくて、バッティングが柔らかくてテクニックもある。どこまでホームラン数を増やすのか楽しみ」

横浜DeNA・欠端スカウト:「ヘッドが立っていて、スイングスピードが速いから打球が上がる。ドカベンみたい。いや、ドカベン以上かな。守備もうまくなっている。ハンドリングがいい」

中日・米村チーフスカウト:「どの打席もいい形で捉えられていた。1打席目から打てるのはセンスがあるんだね。3年夏くらいには清宮を抜くんじゃない?あれだけ打てればポジションは関係ない。どの球場でも30本打てる」

楽天・後関スカウト部長:「一振りで仕留めるところがいい。変化球にも対応できて、欲しいところで犠牲フライにもしている。本数は伸ばしていくだろう。九州国際大付の4番も1年生で2年後が楽しみ。」

ファーストの守備ではミスもあり課題もあるが、スカウトからは守備もうまくなっていると声がある。2023年のドラフト1位指名は間違いない。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】対戦カードと注目選手一覧
11月20日に開幕する明治神宮大会の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。

西武前田編成グループ育成・アマチュア担当チーフは「ビックリしました。スケールが大きく末恐ろしい。大観衆の中でも初打席から結果を出す。注文をつけるところがない。このまま大きく育って欲しいですね」と目を丸めた。

巨人水野スカウト部長も「清宮(現日本ハム)の(高校通算本塁打)記録を抜くのでは。順調に育っていけば、ドラフト1位になるだけのものを感じました」と期待を込めて話した。

担当スカウトとして追っているDeNA欠端スカウトは「ヘッドが立っていて、スイングスピードが速いから打球が上がる。ドカベンみたい。いや、ドカベン以上かな。守備もうまくなっている。ハンドリングがいい」と不朽の野球漫画のスラッガー山田太郎になぞらえ、評価した。

現在、高校通算48本塁打。歴代最多とされる111本を放った早実・清宮幸太郎(現日本ハム)ですら1年時は22本だったが、佐々木は2倍以上のスピードで本塁打を量産している。ネット裏で視察した中日・米村チーフスカウトは「毎打席いい形で捉えてたし、1打席目から打てるのはセンスがあるんだね。3年夏くらいには清宮を抜くんじゃない?」と絶賛。早くも、2年後の目玉候補に名乗りを上げた。

花巻東・佐々木麟太郎、衝撃全国デビュー 骨折の痛みなんの初振り48号 - 高校野球 : 日刊スポーツ
規格外の1年生スラッガーがMVP級の働きだ。花巻東(東北・岩手)佐々木洋監督(46)の長男麟太郎内野手が「3番一塁」でフル出場し、衝撃の全国デビュー弾含む3打… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
栗山氏 花巻東・佐々木麟太郎は「本物だね」 生観戦で確信 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今季限りで日本ハム監督を退任した栗山氏が花巻東―国学院久我山戦を観戦。初回に会心のアーチを放った花巻東の佐々木麟太郎に「凄いね」と舌を巻いた。
花巻東の“新怪物” 佐々木麟太郎、全国デビュー戦で初スイング弾 高校通算48号は右翼へ特大先制ソロ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 開幕し、高校と大学の部で1回戦計4試合が行われた。昨年はコロナ禍で行われなかったため、2年ぶりの開催で高校の部では初出場の花巻東(東北)が国学院久我山(東京)に逆転勝ち。佐々木洋監督の長男・麟太郎内野手(1年)が高校通算48号本塁打を放つなど3打点を挙げた。大学の部では神奈川大(関東5連盟第2)が龍谷大(関西5連盟第...
花巻東・佐々木麟太郎、一回第1打席で衝撃全国デビュー弾!大谷の後輩1年生新怪物/明治神宮野球大会
1回戦が行われ、各地区秋季大会優勝の10校で争う高校の部は初出場の花巻東(東北)と九州国際大付(九州)が準々決勝に進んだ。花巻東は、佐々木洋監督(46)の長男で…
【明治神宮大会】”東北の新怪物”花巻東の1年・佐々木麟太郎 右翼スタンドへ弾丸ライナー通算48号:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇20日 明治神宮大会(高校の部)1回戦 花巻東6―3国学院久我山(神宮) スーパー1年生が圧巻の神宮デビューを飾った。1回2死走者な...
【神宮大会】怪物が鮮烈な全国デビュー…花巻東1年・佐々木麟太郎、いきなり高校通算48号先制ソロ
 秋の高校、大学日本一を決める大会が開幕。高校の部で、花巻東(東北)の怪物1年生・佐々木麟太郎が鮮烈な全国デビューを飾った。国学院久我山(東京)戦に「3番・一塁」で先発出場し、初回にいきなり高校通算4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント