大阪桐蔭が明治神宮大会を連覇、前田悠伍投手が4回で7奪三振無失点

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

明治神宮大会高校の部決勝では、大阪桐蔭が広陵に6−5で逆転勝利し、大会史上初となる連覇を成し遂げた。

スポンサーリンク

エース・前田投手が6回から登板

大阪桐蔭は大型右腕の南恒誠投手が先発をしたものの、2回に味方のエラーなどで3失点し降板、その後も2失点するなど、4回まで0−5と点差をつけられた。しかし5回に攻撃陣が火を吹いて5点を奪い同点とすると、6回に1点を勝ち越した。

そして6回からはエース前田悠伍投手が登板する。準決勝で161球を投げており、西谷監督はこの日は起用するつもりは無かったが、5回からブルペンに入って投球を開始し、「投げさせろ的な顔で見ていた」とアピールをしていたという。

その前田投手は中2日あったものの疲労も残っており、毎回ランナーを出す投球となった。それでも要所で7つの三振を奪い、4回3安打7奪三振無失点に押さえて優勝につなげた。「夏の甲子園で悔しい負け方をして、その経験があったからこそ仙台育英戦、今日のゲームで冷静に投げられた。それが少しずつ生きていると思います」と話した。

これで明治神宮大会史上初となる連覇を達成し、昨年は達成出来なかった5冠(明治神宮大会、センバツ、春季近畿大会、夏の甲子園、国体)制覇へ、大阪桐蔭が再び挑み始めた。

近畿が7枠に

また、大阪桐蔭の勝利により、センバツ出場枠が近畿地区に1つ割り当てられ7校となった。

ベスト4のセンバツ出場は確実と見られ、大阪桐蔭、報徳学園、龍谷大平安、智弁和歌山は当確となっている。ベスト8の残り4校のうち3校が選ばれることになりそうだが、履正社、彦根総合、高田商、社が候補となり、また、1回戦で大阪桐蔭と接戦を演じた神戸国際大付も浮上してくるかもしれない。

【2022年 明治神宮大会】決勝戦の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会は高校の部、大学の部で決勝戦が行われます。
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【神宮大会】大阪桐蔭『神宮の奇跡』 森保ジャパンばり4回終了時0―5から大逆転 高校の部初の連覇
 大阪桐蔭(近畿)が5点差を逆転し広陵(中国)を破り、高校の部初の連覇で2度目の優勝を飾った。23日のサッカーW杯・ドイツ戦で逆転勝ちした森保ジャパンのように、西谷浩一監督(53)の采配が的中。大会初
大阪桐蔭、5点差逆転で史上初の連覇! エース前田“天の恵み”で中2日志願リリーフ4回零封 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校の部は大阪桐蔭が大会史上初めて前年決勝と同じ対戦だった広陵に競り勝ち、史上初の連覇で2度目の優勝を達成した。エースで主将の前田悠伍投手(2年)が志願で6回から救援して4回零封。来春選抜大会(来年3月18日から14日間、甲子園)の神宮枠を獲得し、近畿7枠とした。大学の部では明大が国学院大を破り、6年ぶり7度目の優勝...
大阪桐蔭 神宮大会史上初の連覇 0-5から逆転!前田「センバツでも日本一を」/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・高校の部・決勝、大阪桐蔭6-5広陵」(24日、神宮球場) 決勝が行われ、高校の部は大阪桐蔭が広陵に逆転勝ちし、2年連続2度目の優勝を果たした。高校で大会連覇は史上初。来秋ドラフト候補左腕の前田悠伍投手(2年)が、六回から登板して4イニング3安打無失点、7奪三振と好救援した。中国勢初の神宮制覇を目指した...
来春センバツの近畿「7枠目」は? 高田商と社の比較か 大阪桐蔭Vで神宮枠をゲット - 高校野球 : 日刊スポーツ
大阪桐蔭が優勝し、昨年に続いて来年センバツの「神宮大会枠」を近畿地区にもたらした。一般選考枠と合わせて「7」になった。ただ、7校目の選出は簡単ではなさそうだ。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大阪桐蔭・西谷監督、日本代表戦見て「ベンチにいる選手がいい準備を」巧みな選手交代で連覇導く - 高校野球 : 日刊スポーツ
大阪桐蔭(近畿)が最大5点差をひっくり返し、広陵(中国・広島)に6-5で勝利。史上初の連覇を成し遂げた。前夜のサッカーW杯になぞらえて、交代メンバーを勝負のカ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大阪桐蔭、史上初の連覇達成 5点差逆転 前田悠伍は4番手で4回無失点7K「素直にうれしい」/神宮大会
明治神宮野球大会最終日(24日、大阪桐蔭6-5広陵、神宮)高校の部の決勝が行われ、大阪桐蔭(近畿)は、昨年大会で準優勝した広陵(中国)に逆転勝ち。高校の部では史…
【神宮大会】来春センバツの近畿7校目は高田商、社、神戸国際大付の争いか 大阪桐蔭の連覇で近畿が神宮大会枠を獲得
 大阪桐蔭が0―5から逆転し、高校の部では史上初の連覇で2度目の優勝を飾った。新チーム発足後、50連勝の広陵に初黒星を付けた。近畿地区は、来春センバツの神宮大会枠を獲得し、7校が選出される。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント