阪神ドラフト1位・近本光司選手が3安打活躍

大阪ガス, 近本光司

社会人野球日本選手権が開幕し、阪神がドラフト1位で指名した大阪ガス・近本光司選手が、3安打の猛打賞を記録した。

鷺宮製作所にサヨナラ勝ち

鷺宮製作所との初戦を迎えた大阪ガス、阪神がドラフト1位で指名した近本光司選手は5番センターで出場すると2回、先頭打者としてバッターボックスに入り、外角のストレートを左中間へはじき返し、外野手の間を割る2ベースヒットとなった。

4回にはファーストにボテボテの当たりだったが、50m5.8秒の足を飛ばすと、投手のベースカバーよりも速く一塁に到達し内野安打、6回にはライト前に運ぶヒットで、逆方向へ長打、内野安打、詰まりながらもしっかりと振りきってヒットと広角に、足も生かした3安打を見せた。近本選手は4回の内野安打について、「2打席目のファーストゴロの内野安打が自分の取りえだと思っているので、今日一日は良かったかなと思います」と話した。

9回には1アウト1,3塁の場面で打席を迎えたが、相手から申告敬遠され、次のバッターがサヨナラヒットを打って勝利した。チームの勝利に大きく貢献した試合となった。

阪神は畑山チーフスカウトが視察、近本選手について「指名直後で注目される中、結果を出すんだから大舞台に強い。打撃と足は十分に勝負できる」と話し、「1打席目は彼らしい当たりだった。足でも魅せてくれた。どんな投手にも対応できるのは一番の強みだし、高打率が残せる要因だと思う」と話し、来年の活躍も期待した。

注目される中でこれだけの活躍、しかも都市対抗ではMVPに当たる橋戸賞を獲得し、今大会も練習試合よりも本番で結果を出している。本番に強いタフな精神力も、プレッシャーの中で打席に入る甲子園では大きな武器となる。近本選手は「一番難しい初戦を勝つことができたので、ここからチーム全体で波に乗って優勝を目指してやっていきたい」と話し、都市対抗と2冠を携えてプロへと進む。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

シュアな打撃と50メートル走5秒8の快足を披露した。「1打席目からヒットが出たので、今日はいけると思った」。いきなりの快音は先頭で迎えた二回。カウント1-1からの3球目、鷺宮製作所の先発左腕が投じた外角への131キロにバットを合わせた。左中間への二塁打。左腕相手にも高い対応能力を示した。

近本について阪神・畑山チーフスカウト「1打席目は彼らしい当たりだった。足でも魅せてくれた。どんな投手にも対応できるのは一番の強みだし、高打率が残せる要因だと思う」

阪神の畑山俊二スカウトは「指名直後で注目される中、結果を出すんだから大舞台に強い。打撃と足は十分に勝負できる」と満足げにうなずいた。

 


PAGE TOP