九産大・福森秀太選手が本塁打、卒業後はセガサミーに進み2年後プロ入り目指す

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

九州産業大の遊撃手・福森秀太選手が2ランホームランを放つ活躍をみせた。

スポンサーリンク

ショート

福森秀太選手は、北九州高時代からショートの守備が注目されており、九産大でもショートで良い動きをみせ、ドラフト候補として注目されている。

この日は6番ショートで出場すると、4回にセンターオーバーの2ランホームランを放ち、大学通算3本目とした。「最後は優勝して、来年につなげられるようにしたい」と話す。

福森選手は卒業後はセガサミー入りが内定しており、「広角に長打を打てるバッターを目指しています」と2年後のプロ入りを目指す。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

2回までに6得点を奪い一気に主導権を握った。4回、卒業後のセガサミー入りが内定している6番・福森秀太内野手(4年=北九州)の中越え2ランでダメを押すなど9得点で打ち勝った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント