ENEOS・丸山壮史選手が母校から一発

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

ENEOSが早稲田大とオープン戦を行い、昨年に早大の主将を務めたENEOSの丸山壮史選手が一発を放つなど、19-2の大差で勝利した。

スポンサーリンク

ポジションを取りに行く

丸山壮史選手はこの日、途中から出場をすると、7回2アウトの第2打席に、ストレートを捉えて右中間へのソロホームランを放った。ルーキーとして社会人野球1号だった。

早稲田大ではリーグ通算で2本塁打と長打力をアピールというタイプではなかったが、「いい感覚でしたが、必死だったので打球は追わずに走りました」と話し、「前の打席は左投手から凡退。次は真っ直ぐを狙っていた。ワンチャンスだと思っていた」と振り返った。

今年については、「1年目だけどグラウンドに立てば全員がライバルだと思ってやっていく」と意気込みを見せ、3月6日に開幕するスポニチ大会に向けても「時間はありませんが、1打席も無駄にすることなくアピールして、レギュラーとして出場したいです」と話した。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【社会人野球】 ENEOSのルーキー・丸山壮史が“母校”早大を相手に豪快なアーチ
 社会人野球のENEOSは、東京六大学リーグの早大とオープン戦を行い、6本のアーチが飛び出す豪快な攻撃で圧倒した。

数か月前まで身にまとっていた「WASEDA」のユニホームとの対戦。丸山は「特別な思いがありましたし、後輩と一緒にグラウンドに立てたことがうれしかったです。(小宮山悟監督には)ワンチャンスをものにしたいという必死な姿を見てもらえたかな」と感慨深げに振り返った。

ENEOSが大勝 早大出身のルーキー・丸山 母校戦で一発 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 社会人野球のENEOSが25日、川崎市のグラウンドで早大とオープン戦を行い、6本塁打を含む14安打で19―2と大勝した。
ENEOSの新人・丸山壮史が母校の早大から〝社会人1号〟 先輩のプライドを見せつける
社会人野球のENEOSは25日、川崎市のグラウンドで早大(東京六大学)とオープン戦を行い、昨年早大の主将を務めた新人の丸山壮史内野手(22)が、右中間に〝社会人…
ENEOSルーキー丸山壮史 母校からデビュー弾「後輩たちに頑張れというメッセージ」【社会人野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
社会人野球のENEOSは25日、川崎市中原区のグラウンドで早大と練習試合を行い、ルーキーの丸山壮史内野手(22)が母校を相手に初本塁打...
ENEOSルーキー丸山壮史が母校早大相手に“初本塁打”「特別な思い。後輩と戦えたのは幸せ」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ENEOSの新人、丸山壮史(まさし)内野手(22)が、母校・早大とのオープン戦で“初本塁打”を放った。途中出場し、2打席目の7回2死、直球を右中間へ運んだ。強… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント