国学院大3年・横山楓投手が149キロで8回まで1安打の好投、来年のドラフト候補

大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

国学院大の3年・横山楓投手が駒澤大との2回戦に先発し、8回2/3を3安打で3失点に抑える投球を見せた。自己最速となる149キロを記録した。

次期エース

横山楓投手は宮崎学園時代にプロ12球団が注目したドラフト候補で、国学院大では2年生までは登板が無かったが、今年春にリリーフで6試合に登板し1勝0敗、そしてこの秋は立正大との2回戦で先発し、6回をノーヒット無失点に抑えながら降板するという好投を見せていた。

この日の駒大との2回戦でも先発した横山投手は、4回までノーヒットを続けた。その後、ヒットを許したものの8回まで無失点、9回1アウトまで1安打投球を見せる。球速は自己最速となる149キロを記録し、ストレートとカットボールで安定した投球を見せた。

しかし、3-0で迎えた9回、味方のエラーとヒットなどで2アウト1,3塁のピンチとなり、ここでタイムリー2ベースヒットを浴びて2失点し降板する。その後、再び味方のエラーで1点を失い3-3の同点に追いつかれた。横山投手は「勝たないと意味がない。実力不足」と話したものの、鳥山監督は「いい投球をしていた。2つの失策がなければ勝っていた」と、好投をねぎらった。

国学院大は毎年ドラフトで指名される選手を輩出しており、東都リーグでもほとんどのシーズンで優勝争いに絡む戦いをしている。良い補強と良い指導が継続して行われていて、今年も清水昇投手が150キロの速球を投げドラフト上位候補、そして来年も横山投手がドラフト上位候補として注目されそうだ。素晴らしいチーム作りと育成の流れができている。

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生のドラフト候補リスト

先発した右腕・横山が九回に2安打と失策などで3点を失い、引き分けた。立正大2回戦からこの試合の四回まで計10回を無安打で、自己最速を更新する149キロの直球とカットボールなどで抑えてきたが「勝たないと意味がない。実力不足」と厳しい表情。鳥山監督は「いい投球をしていた。2つの失策がなければ勝っていた」と口を結んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント