2017年、東京ヤクルトのドラフトの狙い

2017年度の12球団のドラフトの狙いを予想。今日は東京ヤクルト編。

広島編 北海道日本ハム編 巨人編 福岡ソフトバンク編 横浜DeNA編 千葉ロッテ編 阪神編 埼玉西武編

東京ヤクルト

〇タイプ:本来は育成型
〇監督:外野手手出身、攻撃中心
〇決定者:小川淳司シニアディレクター
〇補強ポイント:先発投手、センターライン、主軸打者
〇近況:清宮幸太郎選手の早稲田実や、宮台康平投手の東京大にスカウト姿見せる

東京ヤクルトは主力は山田哲人選手、川端慎吾選手を筆頭に雄平、畠山選手と高校生を育てて主力を作ってきている。投手でも以前は高校生出身の投手が活躍をしていた。しかし、近年のドラフトでは投手が故障もありなかなか出てこないことから即戦力投手路線が続いていた。それでも2015年、2016年は廣岡選手、高橋奎投手、寺島投手、梅野投手、古賀捕手を獲得し、高校生育成路線に戻った。

 

真中監督は基本的には野手を中心とした攻撃的なチーム作りで、ポジションの穴を埋めていくタイプ。ショートとセンターの穴を埋めるべくドラフト会議やトレード、戦力外選手の獲得を積極的に行っている。狭い明治神宮球場も考慮している。ただし投手については常に嘆き節が聞こえる。

フロントは明確に誰が中心に決定をしているかというのはわかりにくく、小川SDを中心に衣笠オーナー代行や伊東昭光編成チーフ、鳥原スカウトグループチーフが話し合って決めていた。スカウトはその鳥原チーフと八重樫スカウトが退団し、ややスカウトの対象が変わってくる可能性もあるが、育成は悪いチームではないので、高校生を育ててゆきたい。

 

チームの戦力的には野手陣は、川端、山田、バレンティン、畠山、雄平の繋がりは12球団屈指だが、バレンティン選手、畠山選手などが出続けられず、昨年は川端選手も欠くことになった。主軸と内野手の層の薄さが明らかとなった。

課題だった1番センターにはベテランの坂口選手が大当たりではまった。しかしベテランであり、1番とセンターは補強ポイントとして残る。遊撃手は大引選手との争いで終盤に若い西浦選手がポジションを奪いつつある。下位打線に厚みを持たせたいため、もっと高望みもしたいが、谷内選手などとの争いで育ててゆきたい。

捕手は中村選手が若く安泰、また古賀選手、山川選手と捕手の補強は続いており、当面は補強ポイントにはならなさそう。

ファームでは廣岡選手が10本を放ち、次世代候補に十分挙げられる。ただし次はジェフン選手の7本でその次は原泉選手などの3本と、この他に期待できるスラッガーが少ない。畠山選手を脅かすような長距離砲が欲しい所。

投手は石川投手が8勝8敗、小川投手が8勝9敗と苦しんだ。二人とも安定感があり、打線が好調であれば10勝は届いたかもしれず軸としては頼れるが、手も付けられない投球をしたりといった爆発力は無くなり、2番手、3番手という位置に置きたい投手となった。成瀬投手が期待に応えられず、山中投手も12敗を喫し実力としてはそれくらいだろう。原樹理投手、杉浦投手も結果を残せなかった。

エースとして絶対的な軸となりそうな投手が欲しい。その点で寺島成輝投手は1年目から期待できる投手で、中日の小笠原慎之介投手くらいの活躍は見込めそうだ。

リリーフでは秋吉投手が中継ぎ、リリーフと奮闘し70試合を投げた。一昨年の優勝は外国人投手の奮闘があった事が大きかったが、リリーフの村中投手、松岡投手、石山投手など数はいるものの、まだ頼れる所まで来ていない。リリーフで大物日本人が欲しい所。

ドラフト候補は

主軸野手、先発投手、リリーフ投手がポイントとなりそうで、攻撃中心の真中監督という事もある。さらに東京のスターで早稲田実という清宮幸太郎選手と、履正社で山田選手の後輩という安田尚憲選手は二人ともピタリとはまる。右の山田、左の清宮・安田という打線は非常にワクワクさせる。

この二人が獲れなかった場合は絶対的リリーフとなりそうなヤマハ・鈴木博志投手を狙いたい。ヤマハとも縁があるので獲得したい選手の一人だろう。

先発投手ではかつての左腕王国の復活を目指し、また東京六大学のスター・宮台康平投手や明治大の斉藤大将を狙いたい。斉藤投手は左の横からでリリーフ候補にもなる。

さらに川端の控えとして笠松悠哉選手なども楽しみな所。1番センター候補は今年はなかなか少ないが、来年の大西千洋選手などを狙いたいが、高校生の俊足外野手として鈴木萌斗選手などを獲得できればうれしいか。

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議


PAGE TOP