花巻東・佐々木麟太郎選手が右足疲労骨折も明治神宮大会へ意気込み

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

今日、開幕する明治神宮大会、花巻東の1年生で高校通算47本塁打を放つ佐々木麟太郎選手は、東北大会後に右すねの疲労骨折をおいながら出場をしていたことがわかった。

スポンサーリンク

痛み止め

佐々木麟太郎選手は、東北大会のときに右足に痛みを感じ、痛み止めを飲みながら試合に出場していた。大会後に疲労骨折がわかったものの、明治神宮大会にも出場をするため、痛み止めをのみながら打撃練習を行っている。

この日の練習では「ベストではない」と話したものの、「試合のときは薬は飲みません。副作用や感覚とかがあるので」と話し、試合では痛み止めを飲まないで出場する。花巻東は明治神宮大会は初出場で、MLBでMVPを獲得した大谷翔平選手など先輩のために、明治神宮大会優勝を目指す。佐々木選手は、「翔平さんの背中を見て、自分も花巻東で野球がやりたいと思って入ってきた。翔平さんのMVPを自分たちの力にして、チームとしても個人としても頑張っていきたいと思います」と大谷翔平選手について話した。

状態としては良くないかもしれない。今はまだ無理をしないで欲しい気もする。

【2021年 明治神宮大会】対戦カードと注目選手一覧
11月20日に開幕する明治神宮大会の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

父の佐々木洋監督の下でプレーし、1年生ながら既に高校通算47本塁打をマーク。だが右すねの疲労骨折を押して東北大会を戦い、今も練習時は痛み止めを飲みながらプレーしている。それでも「試合のときは薬は飲みません。副作用や感覚(違い)とかがあるので」と説明した。

疲労骨折抱え花巻東・佐々木麟太郎、神宮大会へ 先輩の大谷翔平MVP力に - 高校野球 : 日刊スポーツ
大谷先輩から力をもらった。20日開幕の明治神宮大会へ向け、花巻東(岩手)は都内グラウンドで練習を行った。途中で、エンゼルス大谷のMVP受賞の一報が飛び込んでき… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
花巻東・佐々木麟太郎 OB大谷のMVP獲得に刺激 神宮制覇へ導く/デイリースポーツ online
 明治神宮大会が20日、神宮球場で開幕する。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたため2年ぶりの開催となる。高校の部では初出場の花巻東が開幕試合で、国学院久我山と対戦。佐々木洋監督(46)の長男で高校通算47発の麟太郎内野手(1年)は19日、高校初の全国舞台を満身創痍(そうい)の中で挑むことを明かした。 今秋の...
【高校野球】花巻東・佐々木麟太郎 先輩・大谷翔平に日本一誓う「翔平さんのMVPを自分たちの力に」
 高校、大学の秋の日本一を決める第52回明治神宮大会が20日、神宮で開幕する。OBのエンゼルス・大谷がア・リーグMVPを受賞した花巻東(岩手)は19日、都内のグラウンドで最終調整。高校通算47本塁打を
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント