巨人、ドラフト指名選手の担当スカウトの評価

横川凱, 山下航汰, 直江大輔, 戸郷翔征, 増田陸, 沼田翔平, 高橋優貴, 松井義弥, 平井快青, 牧野翔矢, 黒田響生

巨人がドラフト会議で指名した選手の、担当スカウトによる評価です。

1位・高橋優貴 八戸学院大 投手 178cm82kg 左左

担当スカウト:柏田貴史

最速152キロを誇る本格派左腕。1年春からリーグ戦に登板し、順調に成長。フォームのバランスも良く、スピードと切れを併せ持つ。先発だが、リリーフもこなせるタイプで、1年目から戦力として期待。

2位・増田陸 明秀日立 内野手 178cm80kg 右右

担当スカウト:吉武真太郎

身体能力に優れ、走行守すべて高いパフォーマンスを発揮する。パンチの効いた力強いスイングから放つ長打は魅力で、将来性を感じさせる。

3位・直江大輔 松商学園 投手 184cm77kg 右右

担当スカウト:木佐貫洋

しなやかな投球フォームから伸びのあるストレートを投げる。相手打者の反応を見ながら投げられるクレバーな投手。

4位・横川凱 大阪桐蔭 投手 190cm90kg 左左

担当スカウト:渡辺政仁

体格に恵まれた大型左腕。長身から投げ下ろす角度のあるストレートと、大きく曲がって落差があるカーブは魅力。今後の伸びしろもあり、将来の左の先発として期待。

5位・松井義弥 折尾愛真 内野手 191cm90kg 右左 

担当スカウト:武田康

恵まれた体格で強肩強打、俊足の大型三塁手。身体能力が高く、高校通算40本塁打と長打力も兼ね備える。まだ荒削りながら、潜在能力は非常に高い。

6位・戸郷翔征 聖心ウルスラ 投手 186cm72kg 右右

担当スカウト:武田康

最速149キロの右の本格派。今夏のU-18日本代表の壮行試合で宮崎選抜の一員として登板し、日本代表から5イニング9奪三振。決め球のカット、スプリットは切れ味が鋭い。

育成1位・山下航汰 健大高崎 外野手 176cm80kg 右左

担当スカウト:木佐貫洋

高校通算75本塁打の強打者。スイングが鋭く、遠くに飛ばすことができる

育成2位・平井快青 岐阜第一 投手 184cm73kg 右右

担当スカウト:青木高広

角度のあるストレートは低めでも球威が落ちず、初速と終速の差が少ない投手。腕の振りがよく、カーブにはブレーキがかかる。一番の強みはフォークで空振りを取れ、決め球に使える。体力をつければ大きく成長する可能性が十分ある

育成3位・沼田翔平 旭川大高 投手 175cm64kg 右右

担当スカウト:柏田貴史

バランスの良いフォームで最速146キロを計測するストレートが魅力。体ができれば150キロも狙え、将来のローテーション候補として期待

育成4位・黒田響生 敦賀気比 内野手 184cm75kg 右右

担当スカウト:木佐貫洋

グラブさばきが柔らかく、安定した送球で守備力が高い大型遊撃手。バットの出がスムーズで広角に打ち返すタイプ


PAGE TOP