阪神ドラフト5位・戸井零士選手、体重6kg増でプロへ

2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神にドラフト5位で指名された天理高の戸井零士選手が、下半身を中心としたトレーニングの成果で体重を6kg増やしたことがわかった。

スポンサーリンク

ユニホームがパツッ

戸井零士選手は8月に野球部を引退してからもトレーニングを続け、12月12日の阪神の入団会見で、岡田監督が「最近の高校生は体がデカい、すごいな」と驚くような体になっていた。

夏の甲子園でプレーしていた時は181cm78kg、やや線の細さもあった。しかし、下半身を中心に鍛えると体重が6kg増え、「下半身は一番強化していて、ユニホームがパツッとなるようになった。上半身も必要な部分は付けた。体重を増やしても動きにくさは出てこないので、筋肉を増やしながら、ベストな体重を見つけられたら。今は84~85キロがベストかなと」と話す。

そして、「12月中旬までずっと体づくりに取り組んできて体も大きくなったので、キレを出すことだったり、打撃の体の使い方とかを学んでいます」と現在は鍛えた体を生かした打撃などに取り組んでいる。

1月になると阪神への入寮、そして新人合同自主トレと続いていく。戸井選手がそこで阪神の首脳陣に評価され、1軍へのステップを駆け上がって行けるか注目したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
阪神ドラ5・戸井、プロボディーで勝負! 4カ月で78キロから84キロへ 筋肉増やしつつベスト体重探る - スポニチ Sponichi Annex 野球
 6キロ増の“プロ仕様ボディー”で勝負だ。阪神ドラフト5位の戸井零士内野手(17=天理)が25日、大阪府松原市で行われた出身の「松原ボーイズ」激励会に参加。プロ入りに備えて体づくりに励み、スケールアップに成功したことを明かした。
【阪神】ドラ5戸井零士、世代NO・1へ「一番早く活躍したい」すでに下半身強化で体重6キロ増 - プロ野球 : 日刊スポーツ
阪神ドラフト5位の天理・戸井零士内野手(17)が世代NO・1を狙う。大阪・松原市内で所属した松原ボーイズ激励会に出席。激励会には松原市の沢井宏文市長(51)な… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント