中日が清宮獲りへ、オーナーが言及

清宮幸太郎

中日は白井オーナーが、清宮幸太郎選手の獲得に号令をかけた。また森監督の続投も決定した。

人が呼べる

中日の白井オーナーはこの日、東京都内で行われたオーナー会議に後に、球団の観客動員数が減っていることに触れ、「勝つことが一番。相撲を見れば分かる。横綱が勝てばワッと来る」と話し、「横綱は清宮か?」と聞かれると、「そう。あの人はお客さんを持っている」と話した。

そして中日・森監督が来季も続投するかどうかについて聞かれると、昨年のドラフト会議で1位指名した柳裕也投手を抽選で獲得した事について触れ、「今年は右手で引くかも。彼は運を持っている」と、森監督が清宮選手の抽選を行う事を示唆し、「もう取ったような気分だ。」と話した。

中日はリリーフ候補としてヤマハの鈴木博志投手、また左腕王国を作り上げるためにJR東日本の田嶋大樹投手なども名前も挙がるが、本命は早稲田実の清宮選手だった。オーナーが号令をかけた事で、ドラフト1位指名は確実になったとみられる。

そばにいた球団首脳に「もう取ったような気分だ。今年は(森監督が)右手で引くかも。彼は運を持っている」とニヤリ。

課題であるナゴヤドームの観客動員についてオーナーは「強くなればお客は入る。相撲を見たら分かる」と語った。スターの存在も不可欠とし、ドラフト1位候補に定める早実・清宮には「あの人はお客さんを持っとる。彼(監督)は運が強いからな」。昨年はDeNAと競合した柳を引き当てた指揮官に期待した。


PAGE TOP