横浜商大・渡辺佑樹投手に9球団スカウト視察、東北楽天が評価

大学野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

神奈川大学リーグが開幕し、横浜商大でプロ注目の182cm左腕・渡辺佑樹の登板に、プロ9球団のスカウトが視察に訪れた。

伸びしろがある

渡辺佑樹投手はこの日は最速144キロを記録したが、9安打で3失点し、桐蔭横浜大に1-3で敗れた。「狙っている初球の真っすぐを打たれてしまった」と反省をした。

しかし、182cmの大型左腕投手にはプロが高い注目度を見せており、この日も9球団のスカウトが視察、東北楽天・長島スカウト部長は「伸びしろがあるし、終盤まで見ていく」と評価した。

東北楽天は春のリーグ戦でも、その時に調子の悪かった渡辺投手を見たにも関わらず長嶋スカウト部長が、「去年のいい時を知っている。腕も長いし、資質はある。復活するのを待っている。秋も見ていきたい」と話していた。

今年はなかなか結果を出せていないものの、東北楽天が特に注目をしており、ドラフト中位から下位あたりで指名があるのではないかと思う。スカウト部長が最終的に推すことができる投球が見せられるかどうかで、プロ入りがかかっている。

2017年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2017年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト

この日は国内9球団が視察し、楽天・長島スカウト部長は「伸びしろがあるし、終盤まで見ていく」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント