【2022新入団選手発表】巨人の新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想

2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は11月23日に、2022年に入団する新人選手の発表を行った。選手の推定年俸、背番号をまとめます。

スポンサーリンク

巨人2022年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1浅野翔吾高松商178/83右右10000120051
2萩尾匡也慶応大180/85右右7500120012
3田中千晴国学院大  未契約  
4門脇誠創価大171/76右左500084035
5船迫大雅西濃運輸174/74右左400080058
育1松井颯明星大178/83右右290400021
育2田村朋輝酒田南184/81右右290360023
育3吉村優聖歩明徳義塾181/73左左290360026
育4中田歩夢東奥義塾172/77右右290360002
育5相澤白虎桐蔭学園178/82右右290360008
育6三塚琉生桐生第一182/91左左290360031
育7大城元未来沖縄180/78右右290360044
育8北村流音桐生第一174/78右右290360027
育9森本哲星市船橋175/73左左290360034

 新人選手の横顔

ドラフト1位・浅野翔吾選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

打撃に関しては150キロ級の球をしっかりと捉えて外野の頭を超す打球を打てるなど確実性のある選手で、木のバットで練習もしているということで、木のバットで軽いスイングで柵越ができるくらいにパワーアップをしたい。

足や肩もある選手で守備の動きや判断を磨ければ、1年目から使いたい選手になってくる。1年目の夏から後半にかけて1軍を経験し、2年目に新人王を狙うようなパターンになりそうで、いずれは1番か3番を任される選手になりそうだ。

ドラフト2位・萩尾匡也選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

シャープなスイングで大学4年時の春・秋にホームランを量産し成長をした。飛距離的には、高橋由伸選手のようなスラッガータイプでは無く、中距離打者タイプになるのではないかと思うが、そうなると足や肩のアピールも必要となる。

1年目はファームで打率.260・10本塁打、2年目に1軍で60試合くらいに出場し、足がかりを作りたい。

ドラフト3位・田中千晴選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

角度のあるストレートとスプリットが持ち味、ただし大学では試合経験はまだ多いとは言えず、試合展開で粘れない所もある。まだ素材型の投手といえ、1年目はそれほど期待しないが、2,3年目くらいに大きく成長し、千賀投手のようなタイプになる可能性も。

ドラフト4位・門脇誠選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

遊撃手として高いレベルにあり、プロで1軍でも二遊間として出場し、守備をこなせると思う。体が大きくないものの、打撃は強くしっかりと振れるのが特徴で、思い切りの良い打撃をしながら、どれだけコンタクトできるかがポイント。

1年目の夏ごろに1軍を経験し、まずは守備から出場を積み重ね、3年目に二遊間のレギュラー、またはバックアップとして1軍の戦力となりたい。

ドラフト5位・船迫大雅選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

やや横からのストレートと変化球が特徴。昨年に球威がグンと増し、非常に強い球を投げていた。ただし、今年もリリーフなどで力を見せていたが、去年ほどの威力が感じられなかったのは気になる。

1年目の今年に1軍のリリーフとして40試合に登板、2年目以降も同じ程度の試合数を投げ、リリーフとして大勢投手につなげる投球をしたい。

育成指名選手

育成では、1位の松井颯投手が1年目からファームでもかなり実績を残しそうで、6月くらいまでに支配下登録されてもおかしくない。球の力では2位の田村朋輝投手も圧倒的なものを見せて早くから評価されそう。短いイニングという形で認められれば来年には支配下も。

6位の三塚琉生選手は打撃に関しては今年の高校生外野手でもトップクラスで、迫力ある身体とスイングからの打球は、1年目から注目されそうだ。どれだけ当てられるか、打率がポイントとなる。

読売ジャイアンツのドラフト指名予想
読売ジャイアンツ公式ページ 読売ジャイアンツドラフト掲示板 読売ジャイアンツ過去のドラフト指名 読売ジャイアンツ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント分析 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント