西武がドラフト2位指名の佐伯鶴城・古川雄大選手に指名あいさつ、スカウト「トップアスリート級の素材」

2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト2位で指名した佐伯鶴城の古川雄大選手に、潮崎編成グループディレクター、岳野スカウトが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

トップアスリート級

古川雄大選手は、186cm90kgの大きな体で高校通算21本塁打を放っているが、50m6.0秒の足と遠投110mの肩があり、大きな体がゴムまりのようにポンポン跳ねて走っていく雰囲気がある。担当した岳野スカウトも「トップアスリート級の好素材で、将来外野手のレギュラーになれる選手です」と話す。

この日、指名あいさつを受けると、改めて埼玉西武ライオンズから指名していただいたことを実感し、とてもうれしく思っています」と話し、「将来的にはトリプルスリーの達成を目標にしています。いずれはプロ野球界を代表する選手になりたいです」と決意を語った。

個人的にもすごく楽しみな選手で、秋山選手のような身体能力を持ちながらも、更に大きさとパワーで球界を代表する選手になりそうな気がする。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
【西武】ドラフト2位・古川雄大に指名あいさつ「将来はトリプルスリー達成を」
 西武は1日、ドラフト2位で指名した佐伯鶴城の古川雄大外野手に指名あいさつを行った。

186センチ、90キロの右投右打の外野手で、高校通算21本塁打を記録した。50メートル走6秒0で遠投110メートルと身体能力も高く、強肩強打の高校生ではトップクラスの選手だ。岳野育成アマチュア担当は「トップアスリート級の好素材で、将来外野手のレギュラーになれる選手です」と期待をかける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント