【2022新入団選手発表】千葉ロッテの新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想

2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテは12月7日に新入団選手の発表を行った。選手の推定年俸、背番号をまとめます。

スポンサーリンク

千葉ロッテ2022年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1菊地吏玖専修大183/93右左10000160028
2友杉篤輝 天理大171/70右右7000120010
3田中晴也日本文理高186/92右左500060035
4高野脩汰日本通運183/87左左5000115034
5金田優太浦和学院183/83右左300050068
育1吉川悠斗浦和麗明185/82左左300230127
育2白濱快起飯塚192/87右右300230128
育3勝又琉偉富士宮東188/87右右300230129
育4黒川凱星学法石川178/75右右300230130

 新人選手の横顔

ドラフト1位・菊地吏玖選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

多彩な変化球を投げ、相手投手を見ながら投球をするようなタイプの投手で、最速は152キロだが技巧的な投球が持ち味と言える。圧倒する投球というよりは、6回を3失点に抑えるようなQSが目安となりそうな投手で、イニングを喰ってくれる投手として、長年活躍をするような感じ。

ドラフト2位・友杉篤輝選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

ショートの守備では今年NO.1と言って間違いない。プロでも1年目から守備に関しては即戦力で、打撃で結果を残して行けるかどうかが、ショートを守り続けるためのポイントとなる。打撃についてはコンタクトや足のスピードを活かす感じで、打球の強さはそれほどでもないため、トレーニングで体を強くして打球速度を少しでも上げてゆきたい。

ドラフト3位・田中晴也選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

体も十分あり、高校2年時から球の威力は非常に魅力だった。また、打撃に関しても高校時代の山口選手(明桜)よりも良いくらいでそちらの期待もあったが、投手として十分プロでやっていけると思う。制球力も高く、粗くない本格派投手で、チームのエースになれる存在。

ドラフト4位・高野脩汰選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

体を倒しながら投げて腕が上から出てくるフォームから、一度浮き上がってから落ちるような独特の変化球を投げる。この変化球が通用するかがプロでできるかのポイントとなるが、そのためにはストレートの球速、制球が大事になりそうで、143キロ前後の球速を145キロ超に持っていけるか、またはストレートの制球を更に磨けるか。

ドラフト5位・金田優太選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

投手として130キロ後半の速球を投げる肩の強さや、インパクトの強い打撃が注目されるが、ショートとしてのフットワークが素晴らしく、柔らかさを感じさせる内野手。この特徴を活かし、上背や体のパワーも生かして強打の遊撃手になっていくイメージができる。将来はショートのレギュラーを取っていそうな気がする。

育成指名選手

吉川悠斗投手は長身の左腕投手で、とにかくストレートと変化球のキレが素晴らしい。140キロでも面白いように空振りが奪える投手で、将来が非常に楽しみ。白濱快起投手も高校3年時は調子を崩したが、2年時の投球は球の威力も抜群で、高いポテンシャルを持っている。

大型遊撃手として話題となった勝又琉偉選手や、ショートで高い守備力を見せる黒川凱星選手など、徹底的に投手と遊撃手を指名し、この年のドラフトでショートのレギュラーを取っている選手が出て欲しいと期待が高い。

千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズの過去のドラフト指名一覧 千葉ロッテマリーンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補...
千葉ロッテマリーンズ、過去のドラフト指名一覧
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想 千葉ロッテ過去のドラフト指名 過去3年間 投手15(右10、左5)、野手12(捕3...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント