阪神が新入団選手発表、選手の推定年俸、背番号と活躍予想

齋藤友貴哉, 川原陸, 小幡竜平, 湯浅京己, 近本光司, 木浪聖也, 片山雄哉

阪神はドラフト会議で指名された7選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

阪神2018年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 近本光司 大阪ガス 170cm70kg 左左 10000 1500 5
2 小幡竜平 延岡学園 181cm73kg 右左 6000 700 38
3 木浪聖也 Honda 178cm80kg 右左 6000 1000 0
4 齋藤友貴哉 Honda 184cm90kg 右左 6000 1000 48
5 川原陸 創成館 184cm80kg 左左 3000 500 47
6 湯浅京己 BC・富山 183cm88kg 右右 2000 500 65
育1 片山雄哉 BC・福井 177cm83kg 右左 200 300 122

 新人選手の横顔

ドラフト1位・近本光司選手 期待度1年目:☆☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

新庄選手などが付けた背番号5を背負い、「歴代の5番をつけた先輩方の要に活躍したい」と話した。

近本選手は大学時代からすば抜けた足が注目され、そして大阪ガスに進み、今年の都市対抗では、誰が見ても橋戸賞(MVP)という活躍だった。足はもちろん、逆方向にの打球が伸びて外野手の頭を超える力を見せた。昨年の神里和毅選手(日本生命・DeNAドラフト2位)よりも躍動感で上の選手と評価でき、神里選手が1軍でかなりの成績を残した事から、近本選手も出場し続けられれば、打率.260、40盗塁くらいはできるのではないかと思う。

ドラフト2位・小幡竜平選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

今年センバツに登場し、180cmの遊撃手として注目された。春以降に打撃で大きなアピールとはならなかったが、U18侍ジャパンと対戦した宮崎代表のショートとして出場し、U18代表ショートの小園選手と比較される中で高い守備力を見せた。打撃でも癖のないフォームで、力強さが出てくれば良い。そして球団の身体測定では足の速さなど身体能力の高さを見せた。阪神のショートは競い合う選手の数が多いので、大和選手のように守備を磨くか、180cmの体を生かして長打も打てる遊撃手となるか、特徴を活かしたショートになってほしい。

ドラフト3位・木浪聖也選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

亜細亜大時代から名前は上がっていたものの、もう一皮むけてほしい選手だったが、社会人入りして特に打撃が良くなり、広角に強い打球を打つ選手になった。守備力はもともと定評があったが、こちらも社会人で磨かれた。ショート、セカンドなどいろいろなポジションを守れるユーティリティープレーヤーとしても、チームに貢献できる選手だろうが、打撃を伸ばしてレギュラーを取りたい。

ドラフト4位・齋藤友貴哉選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

昨年の都市対抗ではドラフト上位候補になる投手を評価していた。150キロを超すストレートの力強さは今年のドラフトでも屈指だった。しかし今年夏は、昨年よりもやや調子が良くなく、課題である高めに浮くストレートも改善はされていなかった。昨年にものすごい速球を投げた鈴木博志投手(中日ドラフト1位)が、今年1年目にリリーフで16HPを挙げたものの、もっと打たれないだろうと思われたのが意外と打たれ、同じく高めのストレートで勝負する齋藤投手の評価は厳しさを増したかもしれない。

力のあるストレートは申し分ない。打たれないために制球力とともに変化球も増やしたい。リリーフで威力ある球を投げる投手になっていくのではないかと期待する。

ドラフト5位・川原陸選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

昨年の明治神宮大会で大阪桐蔭に4回2/3で3安打5奪三振無失点の好投を見せ、大阪桐蔭の全タイトル獲得を阻んだ。大型左腕として素材の良さから、今年春先から高い評価をされていた。しかし、球速も140キロ中盤くらいまで出してくると思われたが、なかなか伸びずに評価も上向きにはならなかった。それでも大型左腕として、スカウトによって非常に高く評価する人もいる。制球力はあり、球が見えにくいフォームで、1年目から以外とやれるかもしれないが、何かきっかけを捉えて大きく成長してほしい。

ドラフト6位・湯浅京己選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

聖光学院では球速ではチームメイトも注目していたが、制球の課題などであまり試合に使われなかった。しかし独立リーグに進むと1年で151キロを記録し、NBP複数球団が獲得を狙った。粗さもあるが球威十分で、はまると大活躍をするかもしれないし、まだ19歳という事もあり伸びしろも十分ありそう。

育成ドラフト1位・片山雄哉選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

捕手としてどっしり感があり、長打力も見せるという一般的な捕手像に合致する捕手。フットワーク、捕球、送球にも総合的に評価をされており、まずは多くの投手の球を受ける事で、その総合力をアピールしたい。甲斐キャノンなど特徴が求められる中で、強肩、または打撃でもアピールが支配下、そして1軍に出場するには必須となる。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧


PAGE TOP