滝川二・坂井陽翔投手が148キロ、5回3安打4奪三振無失点にスカウト評価

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

140キロ中盤から後半の速球を投げ、打撃でも評価の高い滝川二の坂井陽翔投手が、関西学院高校戦で5回3安打4奪三振無失点の快投を見せ、4番としても5打数4安打3打点の活躍を見せた。

スポンサーリンク

自己最速の148キロ

坂井陽翔投手はこの日、自己最速を更新する148キロの速球などで、5回3安打4奪三振無失点に抑えた。関西学院の広岡監督も「なすすべがなかった」と話した。

また、4番バッターとして5打数4安打3打点の活躍に、投打にその力を見せた。

この日はスカウトが視察をしたが、「2年の秋の時点で投打でこの内容なら、1年後が楽しみ」と評価した。来年のドラフト上位候補として注目される。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
滝川二・坂井陽翔が二刀流の活躍 投げては5回無失点、打っては4安打3打点 来秋ドラ1候補へ - 高校野球 : 日刊スポーツ
秋季近畿地区大会兵庫県大会1回戦で、滝川二・坂井陽翔(はると)投手(2年)が快投を見せた。関西学院戦に4番・投手で先発し、5回4奪三振3安打無失点。4番として… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

公式戦初指揮の関西学院・広岡直太監督(44)が「なすすべがなかった」と脱帽したほどの快投で、視察したスカウトのスピードガンで自己最速を更新する148キロをマーク。「2年の秋の時点で投打でこの内容なら、1年後が楽しみ」と評価される活躍で、来秋のドラフト1位候補に浮上した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント