富士大・多和田真三郎投手が18奪三振、1失点完投で2勝目

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 北東北大学リーグでは、富士大vsノースアジア大の試合が行われ、富士大の多和田真三郎投手がリーグ新記録となる1試合18奪三振を記録して勝利した。

来年のドラフト上位候補

 多和田真三郎投手は沖縄県の中部商出身で、高校時代から注目される投手だった。しかしプロ志望届けを提出したもののドラフト会議では指名されず富士大に入学した。すると、1年生秋の明治神宮大会でノーヒットノーランを達成し、1年生の記録達成に大きな話題となった。

 最速147km/hの速球は低めに伸び空振りを奪うことができる球で、今年の大学野球選手権でも、同じく来年のドラフト上位候補、福岡大の唐仁原志貴投手と投げ合い0-1でサヨナラで敗れたものの、8回1/3を4安打5奪三振1失点に抑える好投を見せた。プロのスカウトも注目を続けており来年のドラフト上位候補の一人として名前が挙がる。

 

18奪三振

 その多和田投手、今季は初戦の青森中央学院大戦で延長10回を投げて5-4とヒヤヒヤの勝利を挙げ、この日も初回にいきなり1失点してしまう。しかしそこからエンジンがかかると9回までに18奪三振を記録し、失点もそれ以降は許さず6-1で勝利した。

 今季2勝目となった多和田投手、球の力があり評価は高い。しかしリーグ戦でも圧倒的な投球を見せたかと思えば、あっさり失点するケースもあり、来年のドラフト1位指名のためには投球の安定感がポイントとなりそうだ。しかし個人的には、思い切り腕を振って力強いストレートで三振を奪う、スケールの大きなエースに成長して欲しいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント