日体大・矢澤宏太投手が二刀流で活躍、千葉ロッテスカウトが評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

日体大の矢澤宏太投手が国学院大との練習試合で4番投手で出場し、投手として6回3安打7奪三振無失点の好投を見せた。最速は147キロだった。

スポンサーリンク

打撃、足でも

矢澤宏太投手はこの日、投手として先発すると、7つの三振に7つの内野ゴロを打たせ、6回3安打7奪三振無失点と好投を見せた。最速は147キロだった。「ストレートだけで三振を取ったり、試しで投げているフォークがいい所に行ったのがよかった」と話した。

「国学院さんのバッティングが、ある程度引きつけて打ってくる感じだったので、真っすぐで押し込んでゴロを取れると思った」と、相手打線の振りをマウンド上で確認し、ストレート中心の投球で力で抑え切った。

また、4番を打った打撃でもエンタイトル2ベースヒットを打ち、続く打者の浅めのレフト前ヒットで、50m5秒台の足を飛ばして一気にホームインした。

この活躍に、視察した千葉ロッテの榎木スカウトは「腕もバットも強く振れるうえ、足も速い。本当に身体能力が高い選手」と、投打を高く評価した。

今年はこのまま、投手野手で高い評価のまま秋を迎えることになりそうで、プロでも二刀流でという結論に達しそう。いずれにしても来年はプロ野球に楽しみな選手が加わることになる。

【大学野球】 “二刀流”の日体大・矢沢宏太が「投・打・走」で魅せる
 最速151キロの“二刀流”で注目される首都大学リーグの日体大・矢沢宏太投手(新4年=藤嶺藤沢)が、神奈川・横浜市の同校グラウンドで行われた東都大学リーグの国学院大とのオープン戦に先発し、6回を3安打

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント