東日本国際大・小林龍憲選手が先頭打者弾、3年生・大山凌投手は150キロ

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東日本国際大が8回コールドで快勝した。リーグ戦3本塁打の小林龍憲選手が先頭打者ホームランを放つと、4勝0敗、防御率0.35を記録した153キロ右腕・大山凌投手が力のある球を見せた。

スポンサーリンク

リーグ戦優勝の立役者が

初回、1番セカンドの小林龍憲選手が打席に立つと、投球に軽く合わせた打球がライトスタンドに運ばれた。この先頭打者弾で勢いに乗った打線が、2回までに6点を奪って勝負を決めた。

また、先発した3年生の大山凌投手は、しっかりと腕を振るフォームが安定しており、最速は150キロを記録した。3回は先頭打者に3ベースの後、2四球でピンチを作り、4回には連打でチャンスを作られると、タイムリー2本を浴びて2失点するなど、全国の舞台でリーグ戦で経験しなかったような苦しみも味わったが、5回7安打4奪三振2失点の投球は、来年につながるものと思う。

小林選手は6回にも内野安打を打つなど5打数3安打1打点、二塁手としても好プレーを見せるなど、光るプレーを見せた。社会人チームから声がかかることがさらに多くなりそうなこの日の活躍で、可能性を感じさせるものだった。

大山投手は来年はさらに良くなると思う。全国の舞台で7、8回を安定して抑えられるように、これからも全国の舞台を踏んで行きたい。

【2022大学野球選手権】1日目の対戦カードと注目選手一覧
本日開幕する大学野球選手権、1日目は神宮球場の3試合が雨天延期となり、東京ドームの4試合が行われます。対戦カードと注目選手です。
大学野球選手権(2022)の出場決定速報
大学野球選手権大会(6月6日~12日)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
東日本国際大が初戦突破 小林龍憲ら3発、静岡大に8回途中コールド勝ち/大学野球選手権 - アマ野球 : 日刊スポーツ
開幕カードに登場した3年ぶり15度目出場の東日本国際大(南東北)が、1発攻勢で初戦突破した。8回途中コールドで静岡大に勝利した。春季リーグ戦でMVP、本塁打王… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント