巨人ドラフト2位・慶大・萩尾匡也選手が三冠王

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

プロ野球でも村上宗隆選手が三冠王に輝いたが、東京六大学でも巨人がドラフト2位で指名した慶大・萩尾匡也選手が三冠王に輝いた。

スポンサーリンク

三冠王

この日の早慶戦は、優勝をかけて臨んだものの早稲田大に敗れて優勝を逃し、萩尾匡也選手は涙が止まらなかった。それでも、2試合ノーヒットで迎えた8回2アウトの打席で、ライト前にヒットを打って意地を見せた。この日は3打数1安打2四球という内容だった。

これで打率.400、4本塁打、17打点で今季の三冠王が確定した。春は二冠で、「3冠を取れれば優勝できる」と狙っていたタイトルだった。惜しくも優勝を逃し、涙の三冠王に「勝ったシーズンが一番よかった。負けたらこれだけ悔しいというのを何度も感じる4年間でした」と話した。

巨人からドラフト2位で指名されている。高橋由伸氏が東京六大学で三冠王に輝いており、期待が高まっているが、「取ったから活躍できるわけではないと思うけど、成長を感じられたシーズンでした」と話す。

今年、スラッガーとしても急成長を見せた萩尾選手、プロでどのような活躍を見せていくのか注目したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【大学野球】巨人ドラフト2位の慶大・萩尾匡也「成長を感じられたシーズン」 戦後16人目3冠王で有終
 全日程が終了し、巨人ドラフト2位の慶大・萩尾匡也中堅手(4年)は、打率4割、打点17、本塁打4で3冠王に輝いた。戦後のリーグ戦で16人目の快挙を達成したスラッガーは、大きな自信を胸にプロの世界へ飛び
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント