この選手がなぜドラフト指名漏れしたのか

2020年ドラフトニュース

毎年そうだが、今年のドラフト会議でも、「なぜこの選手が?」という指名漏れとなった選手がいた。

スポンサーリンク

成田高校・古谷選手

指名漏れ選手は、2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手にまとめているが、日刊スポーツの田沢指名漏れスカウトの意見は/ドラフト感想戦・下の記事で、その中の数人についてのスカウトの意見がでているので、まずはそれを紹介します。

成田・古谷将也捕手は、一発の魅力があり、足、逆らわない打撃などにも定評があった捕手で、スカウトも「身体能力が高い捕手で、外野、遊撃もできる。ドラフトの死角に入ったというか。驚いた。なぜ漏れたか不思議」と話す。

古谷選手には2年の時から3大会4試合を見たが、2年春の千葉黎明戦では狙いすました一発に、カンドまで2.01秒の肩でランナーを刺すなど、捕手として高い素質を期待させた。しかし、今夏は、新型コロナの影響で打撃の調整ができない中、大会直前にも練習試合でファウルチップをヒザに当て、思うような練習ができなかった事もあり、また捕手としてもスローイングがやや緩く、影響が見られたようにも感じた。

その後の試合でも外野手として出場していたり、インタビューでも「楽天・茂木選手のような1番バッターになりたい」と話し、2年時にイメージした姿と今年のプレーが結びつかない感じで、打球の速さ、足もまずまずあり、能力の高さは十分感じるのだが、記事を書くときもどこの特長を紹介しようかと悩んだ。

それでもドラフト前には10球団から調査書が届いていたといい、指名はあるかと思われたが、まさかの指名漏れとなった。

捕手としては、やはり送球の正確さや強さがベースとなる。捕手にこだわりがある選手なので、まずは送球をしっかりと磨き、プロのスカウトがプロでも捕手としてやっていけるイメージを作りたい。

その上で打撃や足など、高い能力をそれぞれ結果に結びつけて行ければ、古田敦也選手のような守れて打てる捕手として4年後は違った形でドラフト会議を迎えられるかもしれない。

北九州市立大・益田武尚投手

益田武尚投手についてスカウトは、「制球がよく、全球種きっちり投げられる。かかると思っていた」としている。

益田投手は175cm80kgの右腕で最速152キロを投げる。身長体重や多彩な変化球をきっちり投げられるという所では、北海道日本ハムがドラフト1位で指名した伊藤大海投手に近い。昨年秋に4勝0敗の結果を残し、今年のドラフト候補として注目されたが、伊藤投手が早くから大学野球選手権や侍ジャパン大学代表で活躍し、知名度が高かったのに対し、益田投手は、「全国大会で見たい選手」という感じだった。

しかし今年は新型コロナの影響で春のリーグ戦、そして大学野球選手権が中止となり、その機会が失われた。それでも各球団は、まず九州地区担当のスカウトがチェックをし、あるタイミングでGMやスカウト部長クラスを呼んでクロスチェックという流れになるが、この秋は9月21日の九州大戦で11球団のスカウトが注目する前で15奪三振1失点完投勝利を挙げている。ただし、この試合では九州担当スカウトのコメントが並び、まだクロスチェックまでは至っていない。

その後、スカウト情報のニュースはなく、ドラフト会議でも指名漏れとなった。21日の試合はやや実力の落ちる九州大戦で、今秋のリーグ戦の成績も2勝3敗と昨年よりは成績を落としており、クロスチェックを行う前に判断されたか、またはクロスチェック時に良い投球を見せられなかったかだろう。

全国大会に出ることができていれば、もう一つ違った視線を受けていたかもしれない投手で、社会人野球で「やっぱりいい投手だった」と評価されてプロ入りするかもしれない。社会人野球では都市対抗、日本選手権に必ず出てきてほしい。

東海大・小郷賢人投手、セガサミー・森井絃斗投手

小郷賢人投手についてスカウトは「球速が150キロを超えるのに」としており、森井絃斗投手についても「最速152キロ右腕で前評判がよく、高卒3年目の若さを考えれば、指名はあると思っていた」と話している。

共に関東のチームでプレーをしており、秋の首都大学リーグや都市対抗2次予選には大勢のスカウトが詰めかけていて、GM、スカウト部長などの首脳クラスも顔をそろえていた。

共に150キロ前後の球を投げており、森井投手は三振はなかなか奪えないが、強い球でバットを押し返す投球を見せていた。スカウトの評価も

埼玉西武・渡辺GM:「高校時代も見たけれど良い投手だね。大事なゲームで、悪いながらもしっかり試合が作れていて良かった。ボールが重そうな投手。いい当たりもちょっと差し込まれていて、抜けそうで抜けない。カットボールもうまく使えている。即戦力的な部分と伸びしろを感じた」

巨人・大森統括スカウト:「体に力があり、フォームもダイナミック。大事な初戦の先発を任され、しっかりと結果を出したところも評価できる。変化球を満遍なく投げられる起用さもある」

北海道日本ハムの坂本スカウトは「力もあるし、変化球でも勝負できる。いろんなピッチングができる」

と良い評価が並んだ。

小郷投手も肘の故障から復帰し、140キロ後半の速球と、鋭く沈む変化球を投げており、

ロッテ・榎チーフスカウト:「ボールが力強く、縦のスライダーはなかなか打たれない。連投できるのが見られたのは収穫」

巨人・内田スカウト:「連投できたことが収穫。いいものを持っているし、徐々に戻っている」

東京ヤクルト・丸山スカウト:「三振を取れる球があるのが強み。リリーフとしての適性が高い」

と評価されていた。

森井投手は春先のオープン戦で結果が良くなかった事や、三振を奪う変化球が足りない印象もあり、小郷投手も最速155キロを記録した1,2年時に、やや球威の面で到達していない。また大学時も故障が多かったという所が課題として挙げられたが、共にドラフト上位で指名された投手と実力的には変わらない所もあったと思う。

今年は特に大学生の右腕投手が秋に台頭し、ドラフト1位指名も伊藤大海投手、入江大生投手、木澤尚文投手、平内龍太投手と、大学生右腕が占めた。また2位でも高田孝一投手や森博人投手、山崎伊織投手が指名されるなど大豊作だったと言える。それもあり例年ならはドラフト1位で競合するレベルの明石商・中森俊介投手が2位で、また八戸学院大の大道温貴投手や三菱パワーの伊藤優輔投手が3、4位で指名されていた。各球団とも即戦力右腕投手を獲得し、これで大丈夫かな、となってしまい、エアスポットに入ってしまった形となった。

社会人野球の森井投手は育成ドラフトで指名はされないが、ソフトバンクが育成ドラフト1位で、ドラフト上位と変わらない実力もある慶大の佐藤宏樹投手を、オリックスが育成ドラフトで仙台大の宇田川優希投手を指名しており、小郷投手はそこでも指名されなかった。

プロ球団は、指名後に故障が発覚したという事もあり、指名前の身体のチェックは厳しく行うようになっている。小郷投手は手術をせずに治療をして復活をしたが、トミー・ジョン手術を行っている同じ東海大の山崎投手や、佐藤投手が指名されている。トミー・ジョン手術を行った方が、プロで復活できるとプロ側が判断したのか。

または、仙台大の宇田川投手も育成指名なら拒否という姿勢を打ち出していたが、社会人チームの内定を得ていないプロ一本だったことでオリックスは指名をしている。小郷投手は社会人チームの内々定がある中での順位縛りがあったのかもしれない。

ドラフト会議で毎年、指名漏れとなる選手がいるが、決して実力が指名された選手から落ちるというものではない。その証拠に大学時に指名漏れした栗林良吏投手が広島のドラフト1位で指名され、高校時に指名漏れして涙を流した平内龍太投手が、巨人の1位で指名されているのだから。

逆に言えば、今年のドラフト戦線でこれだけ注目されたという事は、次の指名の大きな武器となる。各スカウトの脳裏にも印象は残っているはずだ。今年のドラフト会議で指名漏れとなった選手が、それぞれ次のドラフト会議で候補となる時に、どんな選手になっているのか非常に楽しみだ。

2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。
田沢指名漏れスカウトの意見は/ドラフト感想戦・下 - アマ野球 : 日刊スポーツ
プロのスカウトたちは、今年のドラフトをどう見たのか。「ドラフト感想戦」後半です。   ◇   ◇   ◇【指名漏れ】 印象に残った例を挙げてもらった。「成田・… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント