星槎国際湘南・本田仁海投手に9球団調査書、横浜DeNAが上位評価

星槎国際湘南, 本田仁海

星槎国際湘南の149キロ右腕・本田仁海投手に、9球団から調査書が届いており、横浜DeNAが上位候補として評価していることが分かった。

球団首脳が話す

横浜DeNAの球団首脳は本田仁海投手について「間違いなくプロに行ける選手。3位だと残っていないかもしれない。」と話し、2位までに指名される選手という評価を示した。本田投手には現時点で9球団から調査書が届いているという。

本田投手は181cm75kgの右腕でフォームのバランスが良く、ストレートの最速は149キロを記録し、スライダーのキレもよい。今夏は準々決勝の慶応高校戦で1失点完投勝利、11三振を奪う好投を見せ、この試合には12球団のスカウトが訪れていた。

横浜DeNAは近年は1位2位は大学生の指名が続いているが、3位以降で飯塚悟史投手、綾部翔投手、松尾大河選手、細川成也選手などを指名して育成をしている。今年はドラフト1位で清宮幸太郎選手の指名が有力で、2位は即戦力投手という流れが有力とみられるが、2位で消えると評価する本田投手も指名候補に入っている可能性がある。

球団幹部は「うちは地元だからというのはない。いい選手を指名するというスタンスです」と話し、地元だから優先するという考えはないことを示し、まずはチームの必要な選手、評価が高い選手から指名をしていく。

横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧
2017年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

球団首脳は「間違いなくプロに行ける選手。3位だと残っていないかもしれない。ただ、うちは地元だからというのはない。いい選手を指名するというスタンスです」と説明。現時点で9球団が調査書を提出している本格派右腕をリストアップしたことを明かした。


PAGE TOP