広島ドラフト1位・小園海斗選手は高級中華料理店で仮契約

小園海斗

ドラフト会議で4球団が指名重複し、広島が交渉権を獲得していた報徳学園の小園海斗選手が、契約金1億円、出来高5000万円、年俸800万円で仮契約した。神戸市内の老舗高級中華料理店で行われた。

即戦力の期待も

契約金1億円プラス出来高5000万円で仮契約をした小園海斗選手、ショートの守備では高校NO.1の評価で、打撃でも広角に打てる能力は、2軍では持て余すくらいかもしれない。この日の仮契約に立ち会った鞘師スカウトも「位置づけは次世代だけど、割って入ってくるぐらい成長してくれたら」と話す。

個人的には1年目から1軍でプレーしてほしいと思う。そのくらいの力のある選手。カープでは田中選手がショートを守り、侍ジャパンでも好プレーを見せるほどの選手だが、その田中選手をサードに回す事ができれば、カープの内野陣はさらに魅力を増しそうだ。

この日は神戸市内の老舗高級中華料理店で仮契約を交わした小園選手、「新たな人生を切り拓いていく気持ち。持ち味の攻守走でアピールしていきたい」と話した。

来年の小園選手には多いに注目したい。かなり早い段階で1軍に顔を出しているのではないかと思う。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP