【独自の評価で単独1位指名】中日・右打ち外野手を徹底補強、全体底上げも

中日ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

中日は当初の予想通り、野手BIG3と評価したいた選手から、上武大のブライト健太選手を選択し単独1位指名で交渉権を獲得した。

スポンサーリンク

右の外野手コレクターに

中日は2018年に根尾昂選手、2019年に石川昂弥選手と高校生野手を指名、2017年にも抽選で外したが中村奨成選手を1位指名している。昨年は高橋宏斗投手を指名し、地元の高校生という印象が強かった。

しかし、外野手は長年の課題だった。大島選手は安定して活躍をするものの、平田選手、福田選手などが代わる代わる出るものの、安定した結果を残せなかった。そして今年も平田選手の不調が続き、外野手の戦力不足が大きな課題となった。

これまでも見過ごしていることはなく、2018年には滝野要選手、2020年には三好大倫選手の即戦力外野手を共に6位で指名していた。しかしそれではカバーしきれないほど外野の穴が露呈し始めた。

今年も高校生投手や左腕投手に有力な選手がいるものの、投手中心のチーム作りを進めてきた与田監督も、野手の指名で納得した。高校生BIG3、大学生左腕BIG3などが他球団で注目される中で、外野手BIG3としてブライト健太選手、正木智也選手、鵜飼航丞選手と評価、さらに福元悠真選手や、トヨタ自動車の中村健人選手など、徹底して右の外野手を調査し続けた。

ドラフト1では、小園投手や左腕投手などを1位で指名しても、これらの外野手は2位で指名できるという予想もでき、実際に鵜飼選手を2位で指名したが、今年の中日は徹底していた。1位で確実にブライト選手を指名すると、2位でも鵜飼選手を指名、さらに6位でも福元選手を指名して、その後、育成も含めて指名を打ち切った。

徹底した右の外野手の指名に与田監督は「100点満点じゃないですか。会議を重ねて理想のドラフトができた。編成の方が時間をかけて探してくれた選手をしっかりと指名できた」と笑顔だった。

そして、「ブライトは長打力はもちろん、広いバンテリンドームの守備、機動力も絡めて中軸を打てる打者になってほしい。鵜飼も長打力がある。」と話し、福元選手も含めて、「大学生の3人はできるだけ早く1軍の場で活躍してもらいたいという思いが強い」と話した。

これで外野の駒不足が一挙に解消するのか、来年が注目される。

全体の底上げも

3位ではリリーフ型左腕の石森大誠投手を指名した。中日は岩瀬投手がリリーフエースとして君臨して強い時代を作ってきた事があり、石森投手もその候補となる。石森投手は「もっと上の順位と思っていた」と話すが、3位から一流の選手を目指す。

そして4位では高校トップクラスの強肩捕手・味谷大誠選手を指名。この選手は打撃でも大きく成長をしており、柔らかさと強さを持つ。また足も意外と速く、将来が楽しみな選手だ。

5位・星野真生選手は遊撃手として注目されるが、守備では大きく特徴があるということは無く、全国的には有名にはならなかった。しかし体が大きいというわけではないが、通算25本塁打の長打力があり足もある。ホームランを打てる二遊間が成長した姿となりそうだ。

与田監督も退任の報道があるが、補強ポイントを強力に埋め、昨年まで指名した根尾、石川、高橋投手の成長と、味谷選手、星野選手、石森投手が成長して作り上げるチームを思い描いた。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
収穫十分の中日・与田監督「100点満点じゃないですか」 1&2位の大学生野手に貧打解消を期待 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 中日はドラフトで野手5人、投手1人の計6人を指名。会議を終えた与田監督は「100点満点じゃないですか。会議を重ねて理想のドラフトができた。編成の方が時間をかけて探してくれた選手をしっかりと指名できた」と喜んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント