中日ドラフト1位・沖縄大の仲地礼亜投手が契約金1億円&出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約

中日ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

中日のドラフト1位、沖縄大の仲地礼亜投手が、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

沖縄出身の151キロ右腕

沖縄の大学で初のドラフト1位指名となった仲地礼亜投手は、「自分がしっかり活躍して後に続く沖縄の学生たちの目標になれるように頑張りたい」と話した。

目標は沖縄出身で広島、阪神でプレーした安仁屋宗八氏の119勝を超えること、「勝てる投手になりたい。目標にして頑張りたい」と話した。

仲地投手は3年時の大学野球選手権で140キロ中盤から後半のキレの良いストレート投げて注目され、今年は151キロを記録するなど成長し、選手権など中央での登板は無かったものの、12球団のスカウトが九州での大会に足を運び注目していた。

先発投手としてキレを生かした投球を見せてくれそうだ。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中日ドラ1・仲地「沖縄の学生たちの目標になれるように」仮契約で意気込み - スポニチ Sponichi Annex 野球
 中日からドラフト1位で指名された沖縄大・仲地礼亜投手(21)が7日、那覇市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1600万円、出来高払い5000万円で仮契約を交わした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント