巨人GMに鹿取氏が就任、初のプロ野球出身GM

巨人は、堤GM兼編成本部長が退任し、巨人、西武などでリリーフ投手としてプレーした鹿取GM特別補佐がGM兼編成本部長に就任した。巨人としては初の元プロ野球選手のGM誕生で、何が変わってくるか。

スカウティングと育成

鹿取GMは就任のあいさつの中で、「若い選手が出てこなかったところに欠陥がある」と話し、「そこを補うプランニングをして、いいスカウティングをして育てていく」と、スカウティングと育成の連携を変革の柱としていく方針を話した。

鹿取氏が侍ジャパンU15代表監督を務めたり、シーズンオフには大学生への指導を行うプロジェクトにも参加し、アマチュア野球との関わりがあった。特に2014年のU15代表で選手と接した事について、「そのメンバーが高校、大学に進み、今回、彼らをスカウティングできる可能性もある」と話した。2014年に中学3年生だった選手が今年は高校3年生としてドラフト世代となっている。

前任の堤GMがフロントとスカウトの連携を考慮し、ファームの指導者をスカウトに転任させており、育成部門とスカウト部門の連携は強くなっているとみられ、その形を継承していく。

堤GM退任

堤GMは球団の取締役に就任を要請されたものの、自ら辞任し、読売新聞グループ本社社長室次長に就任した。

退任の理由は広報を通じ、「昨シーズンオフ以降に獲得した選手らの出遅れなどが大きな要因であり、チームの攻撃力の低迷は、ここ数年のドラフトやトレードによる補強が機能していなかったためだと認めざるをえません」と話した。

ドラフトについては2015年、2016年の2年間を担当していたが、2015年は桜井俊貴投手、2016年は田中正義投手、佐々木千隼投手を外し、吉川尚輝選手を指名した。2015年については当時の山下スカウト部長の強い推薦もあったと思うし、堤GMも1年目という事でプロの目を信じる事が重要だったと思う。また2016年は田中投手もソフトバンクでまだ1軍出場は無く、佐々木投手も当時期待された結果を現在は残せていない。吉川選手と比較された中日の京田陽太選手が1軍である程度の活躍を見せているが、確かに吉川選手は春先に故障をしたものの、これは出場する機会があるか無いかの差ではないかと思う。

他球団では例えば東北楽天が森原康平投手や菅原秀投手が、西武が源田壮亮選手などドラフト中位から下位で活躍している選手が出て、チームを勢いづけている。巨人も池田駿投手などがリリーフで起用されているが、この点にスカウティングの違いがあるのかは検証が必要かもしれない。ただし、特にルーキー選手には、思い切ってプレーできる環境が必要なのだと思う。

ドラフト以外のその他の選手補強については、不調の長野選手に代わる外野手として陽選手を、また先発の柱の一人として、同一リーグで2ケタを勝った山口投手、またリリーフ左腕の山口投手がやや調子を落としていることから森福投手を獲得した事は間違ってはいないと思う。

ドラフト上位の吉川選手、畠選手も含め、シーズンスタートから活躍できず13連敗を喫した事が退任の最大の原因となったと思うが、シーズンスタートから活躍する選手という事が第一条件だったならば、また違った補強になったかもしれないし、山口投手や畠投手のシーズン出遅れは予想できていたと思うが、陽選手や吉川選手の故障は予想できない。

堤GMは現場を離れる事について聞かれ、「自分の心の中はここで話す必要はない」と話し、悔しさを深く感じていると思う。

長い目で

育成とスカウティングを強化する方針を打ち出したのであれば、本社もファンも、鹿取GM、そして獲得した選手を長い目で見なければ、また中途半端で人が変わり、選手も変わっていく事が続くと思う。

他球団では主力選手を大きく入れ替えるような大きな改革をするチームもあったりするが、それが必要か、それができるかにも注目してゆきたい。

読売ジャイアンツ、過去のドラフト指名一覧

U15の代表監督を務めるなど、才能を見抜く眼力には定評がある。「そのメンバーが高校、大学に進み、今回、彼らをスカウティングできる可能性もある」。金の卵を発掘し、プロでさらに力を伸ばすことが強化策の基本と説明。

 ソフトバンク戦前の東京Dを訪れ、高橋監督や選手らにあいさつ。その後、広報を通じて「(チームの低迷は)昨シーズンオフ以降に獲得した選手らの出遅れなどが大きな要因であり、チームの攻撃力の低迷は、ここ数年のドラフトやトレードによる補強が機能していなかったためだと認めざるをえません」などとしたうえで「私の力不足のせいであり、責任を取って辞任いたします」と謝罪した。

3軍を創設するなど育成に力を入れながら、志半ばで現場を離れることに「自分の心の中はここで話す必要はない」と声を震わせた。


PAGE TOP