福岡ソフトバンク、秀岳館・田浦文丸投手獲り

秀岳館, 田浦文丸

福岡ソフトバンクは、秀岳館の左腕・田浦文丸投手を指名することが分かった。

順位を入れ替えてでも

福岡ソフトバンクは、秀岳館の田浦文丸投手に常に注目をし、今夏の熊本大会で素晴らしい投球を見せ、ドラフト指名候補とした。今夏の甲子園では広陵高校の中村奨成選手にホームランを浴びるなど調子が良くなく2回戦で敗退となったがそれでも評価は変わることはなかったという。

そして田浦投手は、U18代表に選出されると、6試合13回2/3で29奪三振を記録するピッチングを見せ、他球団の評価も上がった。現在は9球団から調査書が届いているといい、阪神など複数球団が指名を検討している。

ソフトバンクはもともとは育成ドラフトでの指名も検討していたが、この動きを受けて順位を上げてでも獲得に動く可能性があるという。昨年はドラフト3位で秀岳館の九鬼捕手を指名しており、ソフトバンクに指名されれば再びバッテリーを組む事になりそうだ。

ただしソフトバンクには、昨年ドラフト2位の古谷優人投手が注目されており、長谷川宙輝投手、4年目の笠谷俊介投手も有望株。豊富な左腕の卵がたくさんおり、1軍でプレーするにはかなり高いレベルの競争を勝ち抜かなければならない。

2017年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2017年度-九州のドラフト候補リスト

ソフトバンク、田浦獲り 福岡出身・強心臓左腕渡さん 西日本スポーツ1面 2017/10/24

PAGE TOP