福岡ソフトバンクがドラフト2位指名の日本製鉄鹿島・大津亮介投手に指名あいさつ

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクは福山アマスカウトチーフ、宮田アマスカウトが日本製鉄鹿島の施設を訪問し、ドラフト2位で指名した大津亮介投手に指名あいさつをした。

スポンサーリンク

来春A組キャンプ入りも

大津亮介投手について担当した宮田スカウトは「緩急を使えるのが一番。球速帯の違うボールを使えるから、先発・中継ぎどちらでもいける・将来は東浜、板東に追いつけるように」と話した。最速152キロのストレートと、多彩な変化球をなげ、特に動く球としてワンシームを投げる。ただし、体重は70kgとまだ線が細く伸びしろもありそうな投手だ。

藤本監督は、獲得を要請していた即戦力右腕投手ということで、ドラフト指名後に、来春のキャンプでA組入りを示唆するなど期待は大きい。大津投手も「千賀さんの穴を少しでも埋められるように頑張りたい」と話した。

それでも、しっかりと現実を見ている。「まず体づくり。少しでも早く1軍に合流して投げられるように頑張りたい」と話し、現在70kgの体重を75kgまで増やして、1年間投げ続けられる体を作る。

50m5.8秒という俊足で、体は小さいけれど内側のバネはかなりのものがある。この能力を生かし、体をしっかりと作って1年間投げきりたい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名予想
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスの過去のドラフト指名一覧 福岡ソフトバンクホークス/ドラフト最新記事 以前のニュー...
ソフトBドラ2 152キロ右腕・大津「千賀さんの穴を少しでも埋められるように頑張りたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ソフトバンクからドラフト2位指名された日本製鉄鹿島の大津亮介投手(23)が24日、茨城・鹿嶋市内の同社施設で福山龍太郎アマスカウトチーフ、宮田善久アマスカウトから指名あいさつを受けた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント